青い日本海とトランスイート四季島

日本海側に来て、真夏でもないのに、太陽の日差しが刺さるという感覚。もう、9月なのにねー。
まとわりつくじわじわ暑いのも鬱陶しいのだけど... 刺すような日差しもツライ... そんな中、アスファルトの上に40分。で、撮れたのが、これ😅

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

0:22 に直江津に着いてきら、6時間もしないうちに移動開始。「おはよう信越」に乗って新潟へ。途中、新津駅では、小休止中の四季島を発見。

2019夏SP追っかけ旅

新潟から村上へ。さらに、北上して、勝木まで。

2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅

四季島の前を走る「きらきらうえつ」。

きらきらうえつ

そして、音もなく、トランスイート四季島。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

この後、「いなほ」が来るのですが...
さすがに、府屋まで歩いても、その「いなほ」には乗れませんでした。もし、「いなほ」に乗れていたら、あつみ温泉で四季島に追いつけたのだけど ... ということで、追っかけはここまで。

上りの「いなほ」で坂町まで。
そして、米坂線で米沢へ。
米沢から「つばさ」に乗って一路、東京へ。

2019夏SP追っかけ旅

台風が来るというので、早めに戻ってきました。

(乗り鉄記録)
◎直江津→新潟 モハE653-1102(2) おはよう信越(3361M) H-202
◎新潟→村上 羽越本線 E128-12(4) 927M B12
◎村上→勝木 羽越本線 キハ47-518(4) 825D
◎府屋→坂町 羽越本線 モハE652-1011(6) いなほ8号(2008M) U106(瑠璃色)
◎坂町→米沢 米坂線 キハ110-223(1) 1130D
◎米沢→東京 E328-2001(15) つばさ146号(146M/146B) L61

真夏の四季島 2泊3日のスペシャルな深遊探訪

2019年の東日本の旬 夏の2泊3日コースの2回目。

1回目(8/3〜)は初日、「韮崎で富士山を」が曇天で企画倒れでした。今回は、「富士見の立場川橋梁」、「姨捨を行く四季島」、そして、「笹川流れの青い空と海」の3つを狙います。

その一発目。富士見、大成功です。黄色の稲穂、そして、真っ青な天空を行く黄金(おうごん)の四季島。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


朝の上野駅。入線を見届けてました。そして、今日、乗車される O さんにご挨拶。

2019夏SP追っかけ旅


発車時刻を待たずに、新宿からビューやまなしに乗って小淵沢へ。塩山から甲府を走ってる時に富士山山頂には雲が目立ちます。これを見て、韮崎、小淵沢の三峰の丘も考えてましたが、予定通り、富士見まで行くことにしました。

青空が素晴らしかったので、旧線側ではなく、下から空を見上げるほうを選びました。

想定してたより遅めに、そして、とってもゆっくりと通過していったのでした。

2019夏SP追っかけ旅
(動画)


今日は上諏訪で花火大会があります。その臨時列車が富士見から上諏訪まで走るのですが、乗れませんでした(間に合いませんでした^_^;;)

ので、塩尻から奈良井に行くのは諦めました。

塩尻駅にはホーム上に葡萄園(葡萄棚)があります。そこで、駅ナカわいんバー in 塩尻 が開いてました。「TRAIN SUITE 四季島 来塩記念」!! ここにお邪魔して、赤と白を一杯ずついただきました。スタッフさんと四季島の話で盛り上がりました。

四季島の車両がホームに入ってくると、何枚も写真を撮ってたので、何枚か記念撮影のお手伝いも。そして、四季島の乗客の皆さんが戻ってくると、ホーム上で「桔梗太鼓」の歓迎。息がぴったり!! かっこよかった〜。

2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅


四季島は、上諏訪方面に発車してきいます。一度、戻る感じです。富士見まで戻って、そこから、いつもの土曜日の時間をなぞって姨捨に向かいます。

こちらは、四季島が出ていった後、松本行き普通列車乗り、そして、松本からビューふるさとで姨捨に先回りします。

四季島が1回目の通過まで1時間半くらい待ちます^_^;;; 姨捨公園で、夜景になる前の、明るいうちに行って試し撮り。と言っても、狙いは線路。結果的に、これが正解。暗くなってしまうと、AFは通過する列車の明かりだけが頼り。MFで置きピンするには暗すぎます。

四季島は、まず、19:30 頃に姨捨駅に入らずにスルーして行きます。明るいうちにMFでピントを合わせたままでシャッターを切りました。SS が遅いと四季島かどうかがわからなくなります^_^;;

姨捨 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


戻ってくる前に、夜景を眺め撮りました。

姨捨の夜景


今日は、なんだか、姨捨-稲荷山間でクマと衝突して、一時、運転見合わせとなり、四季島も、その煽りを受けて、15〜20分遅れて通過しました。それにしても、クマがいるのね。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、四季島は稲荷山から上ってきます。夜景と絡めようと、場所を変えるつもりでした。が、その場所に歩き出したのだけど、街灯はなく、真っ暗。iPhone のライトを頼りにするも、こんな場所で熊に出くわそうものなら、間違いなく食われてしまう気がします^_^;;

なので、結局、同じ場所から撮りました。

そして、2番線に入線してきたところをパチリ。
車掌さんに認識されました!!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


姨捨駅ではホームには入らずに待合室からご挨拶に旗振りしました。Oさんにも、そして、1番列車に一緒に乗った方に存在をアピール。皆さん、どうやって来たの ? と、驚かれます!! ほんと、ここまで、小淵沢→富士見をのぞいて、18きっぷで普通列車(快速)を乗り継いできました。

発車するときに、Oさんから差し入れを頂きました😅。なんか、申し訳ないです。

TRAIN SUITE 四季島の送迎おもてなし参加者募集!というのがあったんですね。

この後、後続の長野行き普通列車→長野から妙高高原行きのしなの鉄道 北しなの線、妙高高原から直江津までのえちごトキめき鉄道 最終列車に乗りました。

今日は直江津で投宿です。

(乗り鉄記録)
◎上野→神田 京浜東北線 モハE232-1027(4) 727B 127
◎神田→新宿 中央線 クハE233-18(1) 893T T18
◎新宿→小淵沢 中央線 サハ214-8(6) ビューやまなし(9591M) NL4
◎小淵沢→富士見 中央線 モハE352-503(6) あずさ57号(8057M) S103
◎富士見→塩尻 中央線 クモハ211-3018(3) 1541M N310
◎塩尻→松本 中央線 クハ210-2022(6) 439M N614
◎松本→姨捨 篠ノ井線 HB-E301-2(2) ビューふるさと(8231D)
◎姨捨→長野 篠ノ井線 モハ211-2030(4) 1553M N614
◎長野→妙高高原 信越線・しなの鉄道 北しなの線 357M クモハ115-1527(1)
◎妙高高原→直江津 えちこトキめき鉄道 妙高はねうまライン ET126-2(2) 2375M V-2

今日のトランスイート四季島 - 橋の青さが映えます

鬼怒川橋梁を上るトランスイート四季島。
車両が被るけど、青いトラスが印象的な橋です。
曇天だったこともあり、青さが際立ってました。
徒歩で宝積寺からも岡本からも、30分はかかります。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

こんなところで、待ち構えてるのは1人だけ。
一方、川には釣り人が多数。
鮎でしょうか ? 解禁になったのかな ?!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

そして、上野駅。
最後の最後に、Mさんが降りてきました。
14番線で出迎えるもの悪くないですね。
気づいてくれたからですが^_^;;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

さくらのスイカ、そして、Suica におトクなきっぷ

もう、一年の2/3過ぎてしまいました。
涼しめの梅雨が終わると、酷暑、そして、台風やらで雲がなかなか取れない夏だった気がします。秋晴れを期待したいですね〜。

Welcome Suica


"さくらのスイカ"とは、訪日外国人旅行者向けの Welcome Suica です。プレスを見る限り、パスポート確認や、日本人だけど海外駐在してることの確認を行う、ということは書かれてませんでした。さらに、Welcome Suica 専用券売機が設置されてる駅があるとも書かれてました。

ということは、誰でも買えるのではと思い、専用券売機のある、とある駅に行って買ってきました。いろいろと手間取るかと思っていたのだけど、意外とあっさり、すんなり買えました。手間取ったのは、券売機を探し出すことでした。

とはいえ、購入する時に、ハードルになるかもと思う点が1つあります。

券売機は日本語メニューはありません。

得意と言わないまでも、少しは馴染みがある言語を選んで券売機を操作した方が良いでしょう。

券売機を探した時も、どこにあるっていうのは、英語で書かれてたポップで知りました。券売機のメニューも [English] を選んで買いました。駅員さんに聞いてもよかったのかもしれませんが、万が一「日本人は買えませんよ」と言われてしまっては、元も子もありませんでしたから... 自力で探すしかありませんでした。

そして、利用上の注意点がいくつかあります。すでに、プレス「おトクなきっぷが Suica でご利用いただけます!」の[参考]でも書かれてますが、一応、書いておきます。

・デポジットはありませんが、
・(代わりに?)チャージ残金の払い戻しはできません。
・Welcome Suica カードの有効期限が、購入日から28日間。
・ 購入時にカードと一緒に出てくる案内票を常時持っていること。
・5000円までの1000円刻みと10000円。全額チャージ分となる。

一方で、同じ訪日外国人旅行者向けの PASMO PASSPORT は、デポジットはなし、28日間の有効期限で、チャージ残金の払い戻しがないのは Welcome Suica と一緒。異なるのは、販売価格が、発行手数料(500円)含めての2000円のみ。デポジットなしだけど、発行手数料がかかるというので、チャージ分は1500円になる。そして、購入資格確認があります。ので、気軽に購入できません。欲しいんだが...^_^;;

* * * *

そして、9/1 から、Suica に企画券が乗せられるようになるということで、早速、試しに購入してみた。Welcome suica にも乗せられるけど、普通の無記名カードに乗せました。

その顛末を...

普通の券売機で、スイカ新規購入から行ってもたどり着けませんでした。おトクなきっぷから、都区内パスを選ぶと、ICカードのおトクのきっぷのメニュが出た。そこをタッチすると、Suica を入れろという。たしかに「お手持ちの Suica または Welcome Suica におトクなきっぷを発行します」と...

Suica と一緒に買いたいのに〜 !!

ということで、Suica 無記名を新規購入してから、おトクなきっぷの ICカードの都区内パスを購入しました。Suica の券面は、紙きっぷの券面と同じ印刷をしているようです。

なお、おトクなきっぷが Suica でもご利用いただけます。によると、(黒い)多機能券売機なら、カードの新規購入とおトクなきっぷを同時に購入できるそうですね。

また、「以下のカードには、おトクなきっぷは発行できません」とあります。
・Suica 定期券(有効な定期券が乗ってるカード)
・記念Suica
・Suica イオカード
・りんかいSuica
・モノレールSuica
・JR東日本以外発行のICカード(PASMOなど)
・モバイルSuica
・定期券情報を乗せられないビューSuicaカード
・ゆうちょICキャッシュカードSuica

一応、券売機で購入するときにも注意点として表示されます。が、これらのカードを識別して受け付けないような仕掛けになってるかはわかりません(上記の一部のカードにおいて、カードを入れと、新しい通常のカードに交換されてしまうという報告が上がっています)。

ところで、都区内パスの有効期限は1日です。Suica 自体は、デポジットしているので返還するまで使えるはず。

では、一度、都区内パスを乗せて、別の日に、お出かけパスを乗せると、Suica カードはどうなるのでしょうか...

カードが交換となるのか、
定期券の券面のように書き換えるのか ?!

はたして...

いわゆる、オフ会ってやつです

午後からは、とある会合、に参加します。

オフ会


東京近郊の方のランチをいただきながら、四季島の旅の思い出を語らう会、言ってみれば、オフ会です。

追っかけが大宮までだった大きな理由がこれでした。

場所は、ホテルメトロポリタン エドモント内にある、ダイニング・カフェ ベルテンポさんでした。ここは、TRAIN SUITE 四季島の総料理長でお世話になった岩崎さんが、ホテルメトロポリタン エドモントの総料理長(執行役員!!)として活躍されてます。

今日は、皆さんで、ランチ・ブッフェをいただきました。

オフ会 オフ会 オフ会


お土産用に、四季島の運行ルートをなぞり、参加された方の乗った日(複数回乗った方は、少なくとも、いずれか)の写真を載せて、テーブルマット(敷紙)風にしたプリント(A3)を用意しました。これで、話のタネが見つかればと思って作ったのですが... まあ、こんなのがなくても、話は弾んでました^_^;;;

オフ会


乗った方に、岩崎さん(お仕事中なので、お手隙の時に)を含め乗っていた方にも参加いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

勝手に宣伝!!

中村勝宏&岩崎均がお贈りする「師弟饗宴ガラディナー」
   一夜限りの秋の至高の晩餐
   ○ 日時 : 9/30(月) 18:30 〜
   ○ 会場 : ホテルメトロポリタン エドモント 宴会場「悠久」(本館2階)

今日のギャラリー四季島 - 夏をイメージした写真に模様替え

今年2回目のギャラリー四季島の定期訪問。
突撃したのと合わせて、今年、4回目でした^_^;;

定期訪問は予約して行くので、当然、他にも何組かいらっしゃると思ってるのですが、今日は1組姿見せず、もう1組の方は、かなり興味を持って来られたご様子です。

こちらも、一通りビデオを見て、説明を聞いて、また乗りたくなってしまいました。

そういえは、ちょうどいいことに、1泊2日コースと3泊4日コースのマイアルバムを持ってました。これを、見てもらおう... と、でしゃばりました。はたして、宣伝になったかな ?! 申し込んまれるかな😅

そうそう、季節の写真が模様替えしてました。春の桜のイメージから、笹川流れや一ノ戸川橋梁と青い海・青い空から夏を感じさせるシーンになってます。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


中途半端は追っかけになった理由その1でした。

その2もあります^_^;;


今日のトランスイート四季島 - 訳あってお見送りは大宮まで

知人のMさんが乗る四季島。
お見送りは13番線からですが、Mさんが新たな旅立ちの13.5番線を歩んでるところを撮るために、14番線側から待ち構えました。

8:15 に尾久から入線する時には14番線は空いてます。8:35 に宇都宮線が14番線に到着します。これが回送で出て行くのですが、程なくして、草津31号が入線してきます。9:00に草津31号が出て行くと、14番線は空いたままになります。

つまり、9:00を過ぎれば、14番線側からのお見送りができます。

今回、Mさんは最後から3番目の乗車でした。9:00に草津31号が発車した後に、プロローグから出てくるMさん。13.5番線をゆっくりと歩いて行くところをお見送りしました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、13番線から旗振りのお見送り。
さらに、上野から大宮へ。

そして、Mさんとはここまで。

その理由は、この後で...