アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
乗り鉄旅日記
ブログ紹介
乗り鉄旅日記と、なんちゃって撮り鉄のネタを書いてます。
アルバム:【2009年】 【2010年】 【2011年】【2012年】 【2013年】【2014年】【2015年
zoom RSS

今週のカシオペア紀行

2016/07/23 22:45
今週のカシオペア紀行。カマは EF81 133 でした。

カシオペア紀行
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週のカシオペア紀行(2) と おまけ

2016/07/18 22:23
今週のカシオペア紀行 その2。

(おととい、下って行った)EF81-98 で上ってきました。

その前に、「いなほ」のE653(U101)系も上ってきました。

E653系 尾久駅通過 カシオペア紀行

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週のカシオペア紀行

2016/07/16 22:55
今週のカシオペア紀行は、EF81-98 が引っぱってました。

しかし、晴れないなぁ〜。

カシオペア紀行 カシオペア紀行



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブルーインパルス in 横浜

2016/07/16 12:49
雲が取れず、直前まで実施するかどうか判断できずという状況。

そんな中、演目を編隊飛行だけに絞って、ブルーインパルスが横浜の空を飛びました。
やはり、「さくら」は青空バックでないとね。

途中、空域に他の航空機侵入で、ピラミッドの演目途中で中止し、パシフィコのビルの向こう側を編隊そのままで通過していった...。そして、上空待機、


ブルーインパルス in 横浜 ブルーインパルス in 横浜 ブルーインパルス in 横浜


上空待機の後、時間切れで、最後の演目「デルタ」。
そのまま、入間に帰投していきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週のカシオペア紀行

2016/07/09 21:25
今週のカシオペア紀行。

牽引機はEF81-97。

カシオペア紀行

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


田沢湖線でE6系を間近で

2016/07/03 23:04
クハ701系の快速で秋田へ。快速なので停まる駅は「つがる」のそれとさほど変わらない。座席の配置は、片側がロングシート、片側がクロスシートが千鳥配置になってる。クロスシートの方に腰を下ろした。向かい合う間隔が幅広で居心地は悪くないが、特急の座席とは違うので、終点秋田まで乗り通すとさすがにお尻が痛くなる。

秋田では、(予習してなかったので)突然のように、583系が青森方に進んでくのが見えた。下りの「583系青函DC号」だ。昨晩は暗くてわかりにくかったが、今朝は青色とクリーム色が際立って見えた。

583系青函DC号@秋田駅 583系青函DC系


田沢湖線(実際は奥羽線 湯沢行き)の普通列車に乗って大張野へ。この駅で降りる人は、誰もいなかった!! 近くの踏切で E6 系を撮ってきた。ほぼ1時間に、上下で1本づつ。なので、2, 3本しかチャンスがない。

E6系 E6系 E6系


「こまち22号」で東京に戻るので、もう一箇所と選んだのが角館。大張野から普通列車に乗る。到着前の普通列車が接近するところを。

田沢湖線 普通列車


ただ、角館での時間は1時間弱。緑の田んぼと赤のE6系をイメージしてたのだけど、なにせ、時刻表によれば下り「こまち13号」だけしかチョンスはない。最初に見つけた駅近くに、線路際に紫陽花が咲いてるところに狙いを定めた。

紫陽花にE6系


「こまち22号」に乗って東京へ。盛岡で連結される「はやぶさ22号」はH5系。東京駅についてから H4編成とわかった。

H5系


ということで、乗り鉄記録。

◉ 弘前629→秋田840 3622M クハ700-37(1) N37
◉ 秋田921→大張野939 436M クモハ701-27(2) N27
◉ 大張野1206→大曲1240 2440M クモハ701-37(2) N37
◉ 大曲1246→角館1256 こまち20号(3020M) E628-14(12) 12-2A(12) Z14
◉ 角館1350→東京1704 こまち22号(3022M/3022B) E626-15(17) 17-6D(17) (H4+)Z15

「こまち」号の途中通過時間。

----
■こまち20号(3020M)
大曲 1246 → 1248
角館 1256 → ?
----
■こまち22号(3022M/3022B)
大曲 1350 → 1352/1353@
田沢湖 1404/1408A → 1405/1408A
[しどない レ → レ(1413)]
雫石 1430/1431@ → 1429/1431@
[大釜 レ → レ(1439/1441(運転停車 こまち19号 行き違い)]
盛岡 1448/1450J → 1448/1450J
新花巻 レ → レ(1459)
北上 レ → レ(1501)
水沢江刺 レ → レ(1505)
一ノ関 レ → レ(1510)
くりこま高原 レ → レ(1514)
古川 レ → レ(1518)
仙台 1529/1530L → 1528/1531L
白石蔵王 レ → レ(1542)
福島 レ → レ(1547) (やまびこ50号追抜)
郡山 レ → レ(1556)
新白河 レ → レ(1603)
那須塩原 レ → レ(1609)
宇都宮 レ → レ(1617)
小山 レ → レ(1624)
大宮 1638/1639M → 1638/1640M
上野 1658/1659㉑ → 1657/1659㉑
東京 1704㉒ → 1704㉒
----
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


木古内から五能線へ

2016/07/02 23:12
昨日は、青函トンネル出口付近と大沼公園日暮山を巡ったので、今日は五能線の夕陽を目指す。

その前に、道の駅 みそぎの郷 きこないで電動のレンタサイクルを借りて木古内のもう1つのビュースポットを訪ねてみた。上り貨物列車, はやぶさ1号, はやぶさ47号, はやぶさ18号を写した。はやぶさ1号の時に土砂降りで、絵が白くなってしまった。

この日は、工事関係の警備員さんがいて、無線で列車の通過時間を確認してた。その上、親切にも通過時刻が近づくと、上り・下りのどっちが来るとか教えてくれた。

北海道側の3線軌道を行く貨物列車 はやぶさ1号 はやぶさ18号


道南トロッコ鉄道での"トロッコ王国美深17号車"さよなら運転記念イベント - さよなら記念スタンプラリーの時間が迫ってきたので、鶴岡公園駅(旧江差線 渡島鶴岡駅)まで移動。

幸い、はやぶさ47号の通過時には雨は上がったのだけど、朝の天気予報では、昼過ぎから雨が強くなるはず。トロッコに乗れるのか…。

トロッコ体験は20分くらい。スタンプラリーだけど、スタンプを置く予定の場所は雨でビショビショになるということで、トロッコに乗る前に鶴岡公園駅の駅舎で押すことに。

いざ、トロッコに乗り、走り始めたら、降ってきた!! それも本降り。ツキがあるんだか、ないんだか…。

道南トロッコ鉄道 鶴岡公園駅 雨中のトロッコ乗車体験 トロッコ電車


小降りになった頃合いを見計らって、それでも雨に濡れながら木古内駅に戻る。ここから H5系が充当される「はやぶさ22号」に乗って新青森へ。この列車は、知内のトンネルに入る直前にある撮影ポイントで下り貨物列車に被るやつ。

ところが、なんと、すれ違うタイミングがトンネル寄りだった。このタイミングだったら、被らない位置で写せたかも…。

はやぶさ22号 @ 新青森


新青森で奥羽線の普通列車に乗り換え弘前へ。乗り換えの待ち時間では、「リゾートしらかみ4号」の「橅」編成がやってきた。

そして、弘前に向かう列車の中から、青森での車内見学会から、明日の秋田での車内見学会に向かう途中の新「橅」編成車両も見られた。

「橅」編成 新「橅」編成


弘前で「リゾートしらかみ6号」に乗り換え。日本海に沈む夕陽を見ようと思って、指定券(A席)を買っておいた。が、あいにくの天気。岩木山も見えない、日本海が見渡せても、日は雲の陰。唯一、日が差したのは一回だけ。あとは、荒々しい日本海のイメージの景色を眺めてた。

日が差す日本海 五能線


東能代から奥羽線を下って弘前に戻る。乗るのは「つがる6号」。その前に「583系青函DC号」が来ました。

583系青函DC号


弘前で投宿。そこで、なんと、まさかのトレインビュー。駅でウロウロしている人が多かったので、何か来るぞ〜と。流れ星イラスト付きの EF81 が牽く「カシオペアクルーズ」がやって来ました。

カシオペアクルーズ@弘前駅


ということで、本日の乗り鉄記録。

◉ 大沼公園→新函館北斗 函館線 S北斗2号 キハ281-901(7)
◉ 新函館北斗→木古内 北海道新幹線 はやぶさ16号(3016B) E526-410(8) 8-16A(8) U10
◉ 木古内→新青森 北海道新幹線 はやぶさ22号(3022B) H526-103(2) 2-13E H3
◉ 新青森→弘前 奥羽線 658M クモハ701-101(5) N101
◉ 弘前→東能代 奥羽線・五能線 リゾートしらかみ6号(8526D) 3-4A HB-E300-1(3) 青池
◉ 東能代→弘前 奥羽線 つがる5号(2045M) モハE751-102(2) 2-8D A-102

ちなみに、東北・北海道新幹線内の通過時刻は、次の通り。定刻着/発{番線} → 実際の着/発時刻{番線}

----
■はやぶさ16号(3016B)
新函館北斗 931{11} → 931{11}
木古内 944{11} → 944{11}
----
■はやぶさ22号(3022B)
木古内 1257{11} → 1258{11}
[知内信号場] →(1304)
[青函トンネル出口] → (1304)
[はやぶさ11号 すれ違い] → (1312)
[吉岡定点] → (1313)
[貨物列車すれ違い] → (1323)
[龍飛定点] → (1323)
[青函トンネル入口] → (1330)
奥津軽いまべつ 1334/1335{11} → 1333/1335{11}
[海峡線合流(大平)] → (1340)
新青森 1350/1352{12} → 1349/1352{12}
---
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

乗り鉄旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる