品川発(大阪・札幌経由)東京行 - 3日目 新函館(仮), 新利府に寄り道

昨日の予定外で、大沼公園に寄り道したので、新函館(仮)駅付近の見物を今日の朝にしました。東京に帰る日でもあるので、あまり、ゆっくりしてはいられません。結局、渡島大野駅のホームと、工事中の駅前だけを眺める程度しかできませんでした。

(仮)新函館駅 工事中 (仮)新函館駅前 工事中 あと866日


太陽が出たり、雲に隠れたりで、紅葉の色が映えるタイミングを待つのと、函館に戻る普通列車の時間との勝負でした。そんなこともあり、やっぱりイマイチでした。

渡島大野駅 紅葉


北海道新幹線の工事は進んでいます。今のローカル線の駅のイメージとはかけ離れた駅舎になりそうな雰囲気です。はたして、来年、再来年は、どうなっていることでしょう。

新旧駅 工事中


渡島大野から函館に戻り、スーパー白鳥26号で新青森へ向かいます。789系の客室ドアには、函館付近から津軽海峡、そして青森付近までが描かれています。

789系 スーパー白鳥 北海道 - 津軽海峡 - 青森


江差線と津軽海峡線との境界駅である木古内には、北海道新幹線の駅ができます。車窓から眺めただけの印象ですが、駅付近の高架橋も駅舎も着々と工事は進んでいるようです。

木古内では、下りのスーパー白鳥95号と交換でした。

木古内駅 工事中 スーパー白鳥同士の交換 @ 木古内駅


一方で、津軽今別駅付近の奥津軽(仮)駅は、車窓からではよくわかりませんでした(見落としたかな?)。高架橋は伸びているのはよ~くわかります。

本州側の北海道新幹線の高架橋


(10:15) これに乗って、内地に向かいます。

(11:36) 本州に上陸
(11:46) 津軽今別 付近。新幹線の工事が真っ只中。

(11:46) 津軽海峡線と新幹線の分岐付近。

(11:48) 津軽地方は小雨でござる。青空も見えてますが。


蟹田で出くわしたのが、リゾートあすなろ"龍飛"号三厩行きでした。昔、あすなろがデビューした頃は、蟹田までだったのだけど、今では、三厩まで行くようになったのですね。

三厩行 リゾートあすなろ


そして、新青森で、はやて34号に乗り換えて仙台に向かいます。はやて34号は、七戸十和田→八戸→二戸→いわて沼宮内と盛岡までは各駅に停車します。そして、盛岡からは、秋田から来たこまち34号を後ろにつなげ、いわゆる速達タイプとなって走ります。なので、盛岡の次が仙台です。

(12:31) ひとまず、これに乗って仙台へ。

(12:44) たぶん、乗っているのは E5系 U10編成 at 七戸十和田
(13:39) ただいま、盛岡駅。連結相手の"こまち34号"は4分遅れとのこと。
(13:55) 盛岡付近は青空です。雲は白いので良い天気です。


仙台からは、利府までいきます。仙台から岩切で乗り換えて利府支線を乗り尽くします。新利府付近の新幹線総合車両センターを横目で見ながら… 一度は、降りてじっくり見たいところですが、今日はするしかありません。

新幹線総合車両センター


(15:00) 岩切駅。これから、利府まで。
(15:13) 利府駅


とりあえず、車内からの絵です。赤,白,緑の車両が整列しているのは、見ていて楽しいです。

新幹線総合車両センター


できれば、小牛田→古川も乗り尽くせればよかったのですが、どう乗り換えを見直してもムリだったので、利府からは岩切で乗り換えて仙台に戻ってきました。

(15:43) 東京スィーツフェスティバル at 仙台…


仙台駅では、東京スィーツフェスティバルが行われてました。これから、東京に帰る身なので、チラ見することもなく、帰りのスーパーこまち12号に乗り込みました。

(16:37) これに乗って帰ります。

(16:43) はやぶさ12号(U1)+スーパーこまち12号(Z3) だす。


はやぶさ12号+スーパーこまち12号 E5系U1編成+E6系Z3編成


11号車はE6系のグリーン車です。車内販売が来たのでコーヒーを頼むと、買わなくても、サーブしてもらえるという。思い出した。そう、JR東の新幹線のグリーン車は飲み物(コーヒーなど)を出してくれるのでした。普段、グリーン車に乗っていないので、すぐ、忘れちゃうのです。

グランクラスのシードルをいくらでも飲んでOKとまではいきませんが、これは嬉しいサービスです。

スーパーこまち12号 グリーン車


飲み物以外に、ウェットタオル(おしぼり相当)、希望するとスリッパももらえまする(くつろぐにはいいですね)。

乗ってしまえば、大宮まで止まりません。途中、車内のドア上にある電光掲示板に流れるニュースで、"沖縄沖..." というのをたまたま見て思ったことをつぶやきました。

(17:06) 回文… 沖縄沖


D席側は西側に向いているので、夕陽が沈む光景がバッチリ見えます。今日も例外ではなく、グラデーションが綺麗です。窓硝子を通すとその感動が伝わる絵になりません。水垢が際立ったり、車内の光が窓に反射したりして、一眼でも難しいです。iPhone5 のカメラでは、全くもってムリでした。

(17:22) グラデーションがきれい。だけど、窓の水垢と、iPhone のカメラでは、イマイチ、伝わらない…


上越・長野新幹線の高架橋が見えてきて合流すると、間もなく大宮に到着です。

(17:41) 🎵 まもなく、大宮です。
(17:42) ただいま、大宮。


大宮を出ると、しばらく埼京線の横をちんたらと走ります。埼京線もE233系が目立つようになりました。赤羽付近までは埼京線も並行します。西日暮里付近から地下に潜り込むと、まもなく上野に着きます。

上野を出ると、あと 5 分で終点東京です。秋葉原付近で地上に顔を出し、さらに、東北縦貫線の高架の下を抜けて東京駅にすべりこみます。

(18:05) ♪ まもなく、終点、東京です。


東京に着くと、2週間に渡って、四国・九州、山陰(出雲)、そして、トワイライトエクスプレス・北海道(札幌・函館)・仙台(利府)を巡る旅が終わります。終わってみると、長いようで短い旅でした。

こんな短期間で、こんなに移動する旅は久々でした。また、いつか、時間があったらやってみたいと思います。

恒例の"今日の乗車区間"は、次の通り。

 函館→渡島大野 函館線 821D キハ40-839(1)
 渡島大野→函館 函館線 2849D キハ40-1801(1)
 函館→新青森 S白鳥26号(4026M) モハ789-205(6) HE-205(+HE-106)
 新青森→仙台 はやて34号(3034B) E526-310(6) U10( +R14)
 仙台→岩切 東北線 539M クハ700-1518(1)
 岩切→利府 東北線(利府支線) クハ700-1509(1) 4447M
 利府→岩切 東北線(利府支線) クハ700-1509(1) 4448M
 岩切→仙台 東北線 クモハ701-1516(4) 536M
 仙台→東京 スーパーこまち12号(3012B/M) E611-3(11) (U1+)Z3

そして、乗り尽くし区間は、
 ○ 岩切→利府 東北線(利府支線)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by nanoblock 秋田新幹線E6系 スーパーこまち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント