乗り鉄旅日記(ほぼ、四季島追いかけ録)

アクセスカウンタ

zoom RSS トランスイート四季島 1泊2日の旅(4) - 塩山〜姨捨

<<   作成日時 : 2018/04/28 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



バスは、塩山駅に16:23頃に到着しました。

昨年の塩山駅 発車時刻だと4分しかありません。しかし、今年は発車時刻が10分繰り下げられて、16:37になりました。14分もあれば、慌てることなく乗り込むことができます。この時間を使って、702号室が外からどう見えるか、確認してみました。四季島愛に溢れてる(モノ好きな)人が乗ってる部屋って感じでしょうか。

2018/4/28-29, 四季島ツアー-240 2018/4/28-29, 四季島ツアー-241


ディナータイムは1回目。17:00からです。その前に、最後部から富士山を撮りたいと、時間もないのに、また、時間がないで、部屋にも寄らずに展望車へと向かいました。車掌さんもお待ちかねでした ??!

小淵沢手前が狙い目だと思ってましたが、小淵沢は17:30頃通過の見込み。それまで待っていてはディナーに遅れてしまいます。とりあえず、今なら... という車掌さんのアドバイスに従って狙ってみました。う〜ん。まあまあかなぁ。

トランスイート四季島から見る富士山


それでも、ディナーには10分遅れ。車掌さんから遅れることはインカムで連絡してもらいました。ディナーの時には着替えるつもりでしたが、そんなことも忘れ、そのままダイニングへ直行。ネクタイをしていたよかった^_^

岩崎均シェフのディナーの時間です。塩山駅でお見送りしていると6号車のキッチンから、いいにおい、美味しいそうなにおいがするのです。その料理を、これからいただけるのです。楽しみです!!

これが、その全貌です。と言いたいのですが...。何かが足りません。さ〜て、何でしょう〜か(※)。

2018/4/28-29, 四季島ツアー-338


ディナー中に、上諏訪を無事に通過(運転停止)しました。以前、スーパーあずさで追いかけた時に、ここで抜くはずのない四季島を抜いてしまったのです。鬼門を突破しました。一安心です。

諏訪湖の湖畔も、チラチラとは見えました(湖畔とは反対側に座っていたので、見えたというレベルですが)。

ディナーの始まりが10分遅れだったので、終わりも最後の方になってしまいました。少しばかり、クルーの方を焦らせてしまったかもかもしれません。すいませんでした(^^;;

先頭の展望車に移動(部屋には行かず...)。篠ノ井線 明科付近です。

トランスイート四季島 展望車 トランスイート四季島, ワイドビューしなの とすれ違い トランスイート四季島


篠ノ井線の聖高原-篠ノ井間は2往復します。1往復目の下りは姨捨駅はスルーします。稲荷山で小休止し、篠ノ井でタクシーに乗って姨捨に向かう方々が降り、篠ノ井線を上り姨捨に向かいます。ここで、クルーの岩田さんがタクシーにアテンドするとのこと、また、姨捨までの乗務とのことを聞いたので、1回目の篠ノ井に着く前に、例のオリジナルカクテルを作ってもらいました。四季島シグネチャーオリジナルカクテル「咲華 〜四季島の花〜 Sakura」です。

2018/4/28-29, 四季島ツアー-266


スイッチバックして姨捨駅2番線に到着です。2番線のビュースポットから夜景を眺め、カメラマンさんに写真を撮ってもらいます。今宵は快晴です。かなりクリアな夜景になっていました。これまでの追っかけで見たどの夜景よりも最高でした。

2018/4/28-29, 四季島ツアー-72 2018/4/28-29, 四季島ツアー-73 トランスイート四季島, 姨捨の夜景


四季島は、程なくして、聖高原に向けて発車します。希望すれば、夜景を見ずに車内滞在もできます。今回は「更級の月」に足を踏み入れたかったので、車内滞在プランは見送りました。

そして、念願の夜景ラウンジ「更級の月」です。跨線橋を渡って1番線に移動します。ここで、上野駅・塩山駅でお出迎え・お見送りしてくれたYさんとSさんがいらっしゃいました*\(^o^)/*
跨線橋は階段しかないため、篠ノ井からタクシーという対応がなされていると思われます。

「更級の月」からも、当然、夜景が楽しめます。ホーム上の電灯も含めて消灯してくれます。地元の方にすると、いつもの風景なので、「今日の夜景がベストなのかどうかわからない」と言ってましたが、間違いなくベストだと思いました。夜景を見ながら、ドリンクとオードブルを食するという、至極贅沢なひと時を過しました。アルコールがNGでもソフトドリンクも選べます。リンゴジュースとオードブルを一通りお腹の中におさめました。

「更級の月」にあるテーブルはヒノキの一枚板に、杏の木で亀形のアクセントをつけ、そして、オードブルボックスは山桜を使用しているとのことでした。

2018/4/28-29, 四季島ツアー-280 2018/4/28-29, 四季島ツアー-273 2018/4/28-29, 四季島ツアー-277 2018/4/28-29, 四季島ツアー-341 2018/4/28-29, 四季島ツアー-275


小一時間すると、聖高原に引き上げていた四季島が1番線に入線してきます。乗客以外の方は、見送り隊も含めて、立入りできる区域が制限されています。発車時は、見送り隊のSさんとYさんを見つけられませんでした(^^;;

(※)ディナーの写真で足りない絵の答えは、メインディッシュでした(^^;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランスイート四季島
「今日のトランスイート四季島(1)」
TRAIN SUITE 四季島
「今日のトランスイート四季島(2)」

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
トランスイート四季島 1泊2日の旅(4) - 塩山〜姨捨 乗り鉄旅日記(ほぼ、四季島追いかけ録)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる