乗り鉄旅日記(ほぼ、四季島追いかけ録)

アクセスカウンタ

zoom RSS お見舞い申し上げます

<<   作成日時 : 2018/09/06 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんとも、言葉が出ません。北海道の皆さんには、お見舞い申し上げます。北海道にお住まいのこのブログをご贔屓頂いている皆さん、ご無事でしょうか。

また、今回の四季島3泊4日コースに参加されていた皆さんにも、お見舞い申し上げます。これに懲りずに、また、戻ってきてほしいと思います。

* * * *

月曜日のお昼前、台風の影響が心配される中、上野を出て行った四季島。火曜日の朝、函館に止まっているというツイートを見て、渡道したことを知りました。台風の影響を考慮して、函館から先へは行かないかもしれないとも思いました。そして、午後にツイートを見ると長万部を... とあったので、北上したんだなぁ〜と。

(心の中でのつぶやき)
そっか〜。
北上したんだ。
う〜ん、
でもな〜。

台風も日本海に抜けてからも、その中心からとても離れていた東京で、月曜日の午後から火曜日の朝に、強風が吹きまくっていたのを肌で感じたの身としては、北上しない方が... なんてことを考えてました。

いやな予感があたってしまった。

水曜日。千歳線・室蘭線・函館線が朝から運転見合わせになってる。午前中には動きだすかなと、幾度となくJR北海道の運行情報を確認してたら、逆に、だんだん、再開見込みの時間が後ろにずれていきます。そして、やっと、夜19:30頃に運転再開らしいという情報が。その約2時間後、四季島が動き出しました。

この四季島の動静は、すべて、地元の方々のツイートが参考になりました。

乗客の方々は、ホテル滞在の朝に来るはずの四季島が来ないので、そのまま、ホテルにずっと残ってるのかもと思ってました。

でも、運転再開後の四季島は、東室蘭や洞爺を通過したこともわかりました。東室蘭通過が23:00頃。乗り込む時間からしたら、さすがに、23:00過ぎは遅すぎますね。とすると、乗客の皆さんは、バスで函館か、新函館北斗から青森へ新幹線で青森に先回りしていると考えるのが自然ですね。

今にして思えば、幸運なことでした。

このままいくと、青函トンネルの通過は、早朝になるだろう。とすれば、青森に朝6:00か7:00に到着。そこで、乗客と合流するのというイメージをもちました。奥羽線・羽越線を回ると、上野到着が遅くなるので、東北線を一気に南下すれば、なんとか、それなりの時間に上野に着くと読みました。

が、

まさか、まさかの出来事。震度7。函館でも5弱。

朝、起きて、初めて知りました。鉄道が止まるのは予想できました。勝手なイメージで、こういう時は、新幹線は早め動き出すかもと。午後には復旧するかなと。ですが、電気が来ない。それも、全道に渡って?!

JR北海道の運行情報は見れません。電気が来ないので、当然、サーバーは動いてるわけないですね。JR東日本の運行情報の新幹線を見ると、新函館北斗-新青森間のはやぶさ・はやてが軒並み運休。時間が過ぎるごとに、運休列車が増えていき、結局、今日のすべてが運休となりました。

それでも、明日の朝までに復旧すれば、函館から戻って来れるのでは.. と、淡い期待をしてました。が、確実に動くと言えるような状況ではないのでしょう。となれば、やはり、明後日からの1泊2日コースが運行できるとは言えないでしょうね。うーん、とっても残念です。

北海道新幹線の運転再開は、早くても明日の午後、というニュースを聞きながら、ウヤやむなしと、自分にいい聞かせました。

* * * *

北海道の皆さん、お気を付けて。
Kさん、落ち込みすぎないで !!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
7月16日発をお見送りいただいたたぬです。
実は私札幌在住でして、わざわざ一度東京に行ってから、四季島で登別まで来てまた東京経由で札幌に帰るという訳の分からないことをしてしまったのでした。

それはさておき、今回の地震には本当に驚きました。
毎週火曜日夜に登別でお客様を下ろした四季島が回送で札幌まで来ますので、私は都合が許す限り、毎週そこでお出迎えしています。
接近する台風を心配しつつ、いつものようにお出迎えして、顔見知りのクルーの方にご挨拶したのが4日夜のこと。
翌5日、四季島は台風で足止めされ夜にようやく札幌を出ていったと聞き、それでも「翌朝には青森あたりでお客様と合流して、なんとか上野に着けるかな?」などと思っていました。
ところがその夜に経験したこともないような大きな揺れ。飛び起きて家の無事を確認した後は、停電で真っ暗な中、「四季島はどこにいるのだろう」と心配していました。
ようやく尾久に戻れたようで、まずは安心しています。

今回は道外の皆様からお気遣いをいただき大変感謝しております。
北海道も少しずつ落ち着きを取り戻し始めており、札幌・函館間も今日から運転再開となりました。
また四季島を北海道でお迎えできる日が来ることを心待ちにしています。

以上、長文コメント失礼いたしました。
たぬ
2018/09/09 10:11
こんにちは。
まずは、無事で何よりでした。安心しました。

台風までは、あらゆる想定をされて、対応なさってだと思います。水曜の夜に動き出したので、なんとか行程を組み替えたり、変更したりして、戻って来れそうだと思いました。夜中になり、ほぼ、四季島のツイートが見られなくなって寝ました。

朝起きたら、あのニュースです!!

函館にいるのがツイッターでわかったので、まずは、一安心です。この時、乗客の方々がどこにいらっしゃるからわからなかったので、やきもきしましたが、青森にいらっしゃると聞いて、安堵しました。

一方で、札幌でも、かなりの影響があることがニュースから伝わってきて、そう言えば、北海道から来て乗った方がいらっしゃったと思い、このブログの冒頭を書いた次第です。間違いなく、たぬさんは大丈夫だろうかをイメージしてました。

その意味でも、コメントをいただき、また、ご無事でいらっしゃることがわかって、とても喜んでいます。

きむち
2018/09/09 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランスイート四季島
今日のトランスイート四季島(1)
TRAIN SUITE 四季島
今日のトランスイート四季島(2)
TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島
今日のトランスイート四季島(3)

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

TWILIGHT EXPRESS 瑞風
TWILIGHT EXPRESS 瑞風
お見舞い申し上げます 乗り鉄旅日記(ほぼ、四季島追いかけ録)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる