トランスイート四季島 冬の2泊3日コース 乗ったつもり旅(2)

昨晩、お世話になったのは、松島ホテル和楽さんでした。松島駅から歩いて5分くらいのところ。松島海岸界隈の中心地からは離れてますが、早朝に出て行くにはいい場所だと思います。

その、2日目の朝は、松島駅 5:29 発の仙台行きで仙台に戻ります。そして、仙台始発の「はやぶさ95号」で新青森に向かいます。ちなみに、松島606発の仙台行きに乗っても、「はやぶさ95号」に間に合います。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


新青森からバスに乗り五所川原へ。新青森南口からのバスの時間は9:10発。

今日は部分日食の日。雲があり、雪も降ってるので、太陽が見えるとは思わなかったのですが、バスを待つ時間、うまい具合に太陽が薄い雲を通して見えました。おかげて、肉眼で見ることができました。少し、欠けてるように見えます。

部分日食


バスは9:10のはずですが、時間になっても来ません^_^;; 5分遅れでやってきました。まぁ、いつもなら、5分程度なら... と思うところですが、時刻表を見ると、このバスの五所川原の到着時間は10:35着。さらに、乗り換える予定の、津軽鉄道、津軽五所川原から乗る列車は10:40発。5分の余裕がなくなってしまいました。

途中、雪かきの除雪車があったりで、まず、回復は難しいと思わざるをえません。半分、ストーブ列車は諦めてました。

が、結果的には、

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


でした。バスは五所川原に10:15頃到着しました。時刻表が余裕を持ったダイヤ(?)だったようです。津軽鉄道10:40発に乗って金木へ。アテンダントさんは坂本さん。昨年のストーブ列車に乗ったときと同じ !!! 覚えてもらってました (^。^)

金木到着ホームには、すでに四季島の乗客の方々がいらしてました。クルーやカメラマンさんの姿も。5分の乗り換え時間で折り返しました。スルメを買って食べたものの、1人で一杯(枚)は食べきれません。時間的にも、量的にも...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


五所川原では、またまた、1年ぶりの地元のお見送り隊さんと再会。さらに、クルーの T さんの親御さんにも。TM の O さんに紹介いただきました!!!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


そして、立佞武多の館へ。四季島バスが遠くに見えます。歩いても5分ちょっとの距離なので、寄り道してみました。雪道でしたが強行しました。こちらに寄るのは、初便以来の2度目。この後、リゾートしらかみ1号に乗るので、駅へとんぼ返り。意識してなかったのですが、ボックスシートを独り占め。橅編成だし、リゾートしらかみ四季島号を思い出しました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


弘前では、藤田記念庭園に足を伸ばしました。大正浪漫喫茶は貸切です(四季島の乗客の方々が昼食をいただくところ)。庭園から望める岩木山も、今日は雲の中でした。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


足早に弘前駅にもどり、リゾートしらかみ4号で川部に向かいました。12月初めに来た時に比べれば、雪景色はバッチリでした。が、岩木山は雲の中。八甲田山も期待薄。ならばと、雪を多めに入れて四季島の通過を撮りました。15:06頃通過でした。弘前に戻る列車は15:14。これも、12月頭の試運転の時と同じことをなぞってるわけですが、雪道を急ぐ(走る)のは、けっこう厳しいものがありました。この後、右足の甲が腱鞘炎のような痛みがでてます^_^;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅




弘前駅のお見送りには、五所川原で再会した ちぃたん さんも合流。また、佐藤ブン太、さんの歓迎を久しぶりに目の当たりにできました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SSHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


ここで、Mおじさん、Bお兄さんからお年玉をいただきました。「これで、四季島に300回くらい乗れるよ」って、たしかに、乗れるかもwwww

四季島が弘前駅を出発して、日が暮れてから、再びの弘前城へ。冬の桜の光景を見に行ってきました。桜の木の枝への雪着が少なかったようです。時期が少しだけ早かったようです。

弘前城 冬の桜


弘前17:45発の快速に乗って、新青森へ目指します。この後、鳴子温泉の宿にたどり着くためには、この時間がタイムリミット。新青森から「はやぶさ40号」で盛岡へ。

盛岡駅の止まるホームがわからなかったので駅員さんに伺いました。たしかに、そのホームで、到着を待ってる何人かの方がいました。10分後に、2番線に四季島が到着しました。すると、到着を待っているところのドアがひらき、なにやら積み込んでます(荷降ろし?)。こちらはこちらで、中の人と手を振りあうなどしてました。作業が終わってから、岩崎さんをカメラに収めようとされてたのですが、なかなかタイミングがあってなかったようです。そこで、顔をこちらに向いてもらったタイミングで、「今が、チャンスですよ」と教えてたのをきっかけに、話しが弾み、一緒に出発をお見送りしました。その方は、なんと、料亭 駒龍のおかみさんでした !!! 四季島で朝食を出してます。盛岡に行く機会があったら、寄ってみようかなぁ...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


この後、四季島は一ノ関に止まり、夜の酒蔵見学となります。盛岡から一ノ関へ先着もできますが、ここで到着をお出迎えすると、今日中に鳴子温泉にたどり着けません。

ということで、今日の追っかけは、盛岡でおしまいです。この後、「やまびこ60号」で古川まで行き、陸羽東線を下って鳴子温泉に向かいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 冬の2泊3日の旅


四季島 通過/停車時刻 → 追っかけ列車時刻
-------------------- ------------------
(松島 → /529 2520D)
(仙台 → 633/640 ☆はや95号)
(新青森 → 902/910 弘南バス)
(五所川原 → 1035/)
(津軽五所川原 → /1040 つ鉄)
金木 /1006 → 1101/1106 つ鉄 ストーブ
津軽五所川原 1132/ → 1132/
(五所川原 → /1210 リし1号)
(弘前 → 1249/1430 リし4号)
(川部 1505 → 1437/1514 2533D)
弘前1513/1545① → 1524/1745 3623M
新青森1630 → 1816/1838 は40号)
盛岡1955/2006 → 1944/2029 や60号
一ノ関2124/
{下車観光(世嬉の一 酒造見学)}
一ノ関 /2311
(古川 → /2145 1747D)
(鳴子温泉 → 2231)

乗り鉄記録。

◎ 松島→仙台 東北線 HB-212-8(2) 2520D C-8
◎ 仙台→新青森 東北新幹線 H525-401(5) はやぶさ95号(3095B) H1
◎ 新青森→五所川原 バス
◎ 津軽五所川原→金木 津軽鉄道 津軽21-101(1)
◎ 金木→津軽五所川原 津軽鉄道 オハ46-2(3)
◎ 五所川原→弘前 五能線・奥羽線 HB-E300-105(2) リゾートしらかみ1号(8521D)
◎ 弘前→川部 奥羽線 HB-E302-5(4) リゾートしらかみ4号(8524D)
◎ 川部→弘前 奥羽線 キハ40(?) 2533D
◎ 弘前→新青森 奥羽線 クハ700-24(4) 3623M
◎ 新青森→盛岡 東北新幹線 E525-112(7) はやぶさ40号 (3040B) U12
◎ 盛岡→古川 東北新幹線 E523-23(1) やまびこ60号(60B) U23
◎ 古川→鳴子温泉 陸羽東線 キハ112-219(1) 1747D

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オバ鉄
2019年02月14日 14:14
  こんにちは

お久しぶりです。
本年も宜しくお願い致します。

あと1週間早ければ 五所川原駅できむち様と遭遇できましたのに残念でした。
私たちは 13日に大休のツアーに参加し 四季島一行と同じストーブ列車に乗りました。
私も四季島の1泊2日コースに当選し 息子と二人で参加することになりました。
きむち様のブログを読んで予習します。
きむち
2019年02月14日 19:26
こんばんは。

四季島 ご当選おめでとうございます !!
今年の春、あちこちに出没します。
たぶん、間違いなく、
上野→塩山とではお会いできると思います (^。^)
今年も、よろしくお願いします。

雪の中を走るストーブ列車いかがでしたか ?
雪国ならではというのが、いいですね。
来年は、行けるかな ?
オバ鉄
2019年04月16日 11:49
 こんにちは

きむち様にコメントを入れようと何度も試みましたが入らず、仕方なくこちらに入れた次第です。

笑顔の素敵なきむち様にお会いでき思わずハグをしてしまった無礼をお許しください。
後から おばさんに近寄られても迷惑だったと深く反省しております。
勝沼ぶどう郷駅にいらしたのですね。四季島から眺めておりました。今回 予定を変更して勝沼ぶどう郷駅を少しだけ散策しました。桜が素晴らしかったです。

小沢さんや岩田さん、川野辺さんときむち様の話で盛り上がりました。
また お会いできる日を楽しみにしております。
ありがとうございました。 
きむち
2019年04月16日 21:53
こんばんは。
いや~、オバ鉄さんでしたか~!!
乗ることは知ってましたので、日曜日の到着後に、いくばくかの予感はあったものの、確信が持てず^_^;; (スイマセン)

塩山での発車の時は、嬉しかったですよ!!
こういう機会は、なかなか巡ってきません。

土曜日は、ルミエールに先回りしたり、隠れ四季島ロゴを探していたという話を聞いたりしたので、もっと早く、乗ってらっしゃることがわかっていれば、もっとお話しできたかもしれません。

また、ぜひ、どこがでお会いしたいです。
その時は、今回の旅の話を、いろいろ聞かせてください。
また、ブログ、楽しみにしてます。