今日のトランスイート四季島 - ツアーではないけど走る

大宮駅到着シーンを撮ったことがなかったので、こういう日にチャレンジしてみた。まぁまぁかな...
TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

* * * *

こういう日というのは、ツアー催行日ではないのに四季島が走る日。いわゆる、試運転の日です。

上野駅入線は、いつもの土曜日と同じ8:15。ということは 発車は 9:15 のはず。大宮に先回りしたので、発車シーンは見てませんが、大宮到着・発車もいつもの時刻だったので、ほぼ、間違いないでしょう。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


ということは、塩山まではいつもの通りだとして、問題はそのあとの行程がどうなるのか。それによっては、追っかける行程も変えることもありうるわけで。いちおう、立ち寄り観光の下車駅や乗車駅は、四季島サイトの旅のご紹介のページに載ってますし、募集の時のパンフレットには、おおよその時刻が書かれてたので、それらを基に想像をしました。

1泊2日コースの時は、大宮に寄り道すると、塩山の到着には間に合いませんが、(8/3のコースを想定すると)最初の立ち寄り観光地は上諏訪。大宮から新宿に出て、あずさ11号に乗って茅野へ。そして、後続の普通に乗れば上諏訪に先回りできます。ちなみに、あずさ11号は、甲府の先のとある駅で四季島を追い抜きます!! これを踏まえると、もっと安くあげられて先回りできるかも...

上諏訪駅


上諏訪到着を勝手に出迎えました。作家の原田泰治さんもお出迎えに一役買ってらっしゃいました。また、このタイミングならだと思いますが、ほんの数分の停車時間の間にラウンジカーを見学されてました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


その原田泰治さんの美術館に乗客の皆さんは向かいます。当然ながら、ツアーの方はバス移動ですが、自分は勝手に追っかけてる身ですので、そこは徒歩で移動しました。30分も歩けばたどり着けます。諏訪湖を眺めながら湖畔のジョギングロードを行けば(歩け)ば、ぜんぜん苦になりません。

諏訪湖 諏訪湖湖畔, アジサイ 諏訪湖


今日は、貸切ではなかった(8/3は、どうなるかは不明です)ので、入場料を払って見学しました。日本各地の、のどかな風景を描写した作品が並んでます。タイトル、解説文には地名も入ってます。これを眺めてると、四季島はもとより、いろいろな観光列車で訪れる各地を巡ってるような気分になってきます。電車・列車が描かれた風景も多数あります。とても、いい時間を過ごせます。

原田泰治美術館


当然ながら、作品は撮影できません。が、展示されてる作品の一部は、原田泰治公式ウェブサイトのGalleryに掲載されてます。興味のある方は、どうぞ。季節毎にいくつか載ってます。

原田泰治美術館で、バスの発車を見送りました。乗客の皆さんは、この後、おそらく、諏訪大社に寄ってから塩尻に向かい、そこから四季島に乗り込むことになっています。そして、次の観光地でえる姨捨へ向かいます。ただ、塩尻を出る時間は、夜景の姨捨を見るには、少しばかり早いようです。ディナータイムもあります。どのようなコースを取るのか、とても興味があります。

と、本日は、ここまで。一旦、帰京します。

(乗り鉄記録)
◉ 上野→大宮 東北線 モハE231-1519(3) 1840M U519
◉ 大宮→新宿 湘南新宿ライン モハE231-1564(3) 2833Y K-23
◉ 新宿→茅野 中央線 クハE353-11(4) あずさ11号(11M) S111
◉ 茅野→上諏訪 中央線 モハ210-2008(5) 437M N607
◉ 上諏訪→立川 中央線 あずさ24号(24M) クハE352-13(12) S113