日光への旅2019(番外編)

今回は、初めて、JR東日本ダイナミックレールパックを使いました。

列車と宿のプランです。

受け取りは券売機を選びました。
えきねっとで指定券を購入して指定券券売機で受け取るのと同じ要領で受け取れます。カードを入れて、「JR東日本国内ツアーの受け取り」を選ぶと、申し込んだツアーが表示され、発券してみると、往復の列車の乗車券・指定券だけが出てきました。それ以外は ??

普通、旅行会社のツアーで宿泊を予約すると、お宿に渡す宿泊クーポンがあったりします。が、このダイナミックレールパックに、それはありませんでした。

旅程表(最終行程表)も PDF のみの提供です。スマホかPCに、これを保存。そして、自分で印刷します。お宿には、その印刷したのを持参して、見せることになります。スマホに保存して、それを見せるのでも良いのかは、わかりません(コピーを取られましたので、難しいかも知れません)

ということで、印刷環境がない方は、券売機で受け取れず、郵送してもらう必要があります。

びゅうプラザが店仕舞いしていく中、ネットで予約、券売機で発券というスタイルが主流になっていくんでしょうね。

日光への旅2019(2)

昨日は、日光金谷ホテルに泊まりました。

ここ、日光金谷ホテルは、トランスイート四季島の秋口の3泊4日コースで立ち寄ります。今回、初めて利用させてもらいました。

昨日のディナーはフルコース 😄

日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅


そして、今朝の朝食。ちなみに、追加料金を支払えば、和食に変更もできるそうです。前日の20:00までに連絡のこと。

日光への旅


午前中は、霧降高原に。

ニッコウキスゲの時期は終わってるとのこと。いろいろな花が咲いているということでしたが... さほど、派手に咲き乱れてるわけではないので、そう聞いて想像するよりもおとなしめ印象を受けるかもしれません。

日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光の旅2019


なによりも、トンボの数がハンパないです。胴体が赤いアキアカネが目立ちました。胴体が白い(銀色)のシオカラトンボは見当たりません。

日光の旅2019


散策路は山の頂きまで伸びてます。登って見れば最高な景色が見られるかもしれません。が、中間地点の避難小屋で引き返しました。標高が高いとはいえ、かなりの蒸し暑さ、雨雲接近の通知、そしてら、これより上に避難小屋が見当たらないとあれば、冒険しない方が良さそうです。ここから下るだけでも、足がガクガクとなりました😅

日光への旅


日光駅に戻ってきてお昼ごはん。

ガイドブックに載ってるという ダイニングカフェ湯波 こまち に行ってみると、Close のサイン。お店を覗き込むと、スタッフさんがいらっしゃる。なんでも、ごはんが炊けてないから、まだ、オープンにできないということでした。麺をいただくことにして、(無理言って?)開けていただきました。ゆばトマトラーメンです。

日光への旅


昼食後は、日光田母沢御用邸記念公園へ。敷地もお屋敷も広大。景観も素晴らしい。写真だけ見ると、さぞ、涼しいのではと... 印象を与えますが、実際は😅💦 一度は行って、体験してみてください。

日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅 日光への旅


四季島のツアーが立ち寄るのもいいかもしれない。難点は、西参道より奥なこと。混雑時、日光駅まで戻る際の交通渋滞がなぁ...

この後、いろいろ気になるところがあったようで、歩いて移動してみたものの、混雑してて、立ち寄りは諦め。で、日光カステラ本舗さんで、おやつタイムとなりました。

日光への旅


東武日光から新宿へ。日光8号。昨日、乗ってきたE253系とまったく同じ車両でした。今日も、今市付近で大雨だったようです。モクモクとした入道雲が車窓に広がってました。

日光への旅