今日のトランスイート四季島 - ラストラン 第4章

見送り隊も、昨日の朝、初めて知らされるという突然のラストランでした。

四季島の思い出


こんな"つぶやき"をしてみたけど、
かつぬま・姨捨・会津若松を
めぐる1泊2日の深遊探訪、
いまだかつてない鉄道の旅。
TRAIN SUITE #四季島
Maさんチームの心温まる
おもてなしに感動し、
つかの間の非日常を過ごします。
レールの音を聞きながら、
さと山の風景を楽しみ、そして、
まだ、知らない体験を!!

なんか、"か"で始まる文がなかったので、
追加して"つぶやき"直したのだけど、
勝沼・姨捨・会津若松を
巡る1泊2日の深遊探訪。
未だかつてない鉄道の旅
TRAIN SUITE #四季島
Maさんチームの心温まる
おもてなしを受けながら、
つかの間の非日常を過ごします。
感極まるほどの感動がすぐそこに。
レールの音を聞きながら、
里山の風景、そして、
まだ、知らない体験が待ってます。


先頭文字をひらがなにしたかったのだけど、それだと、ツイッターの140文字制限を越えてしまうので、漢字にしてみたら、縦読みには耐えられなくなってしまいました 😅

この"つぶやき"で知った方もいたかもしれませんし、他の情報源から知った方もいたでしょう。上野駅到着時には、多くの見送り隊の方が集まりました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


最後に、Kさんからご挨拶があり、各々、用意してきた想い出のアルバム・メッセージなどを贈りました(写真未掲載です)。

Kさんの新天地での今後の活躍をお祈りします。

今日のトランスイート四季島 - 久しぶりに塩山へ

このところ、初狩や猿橋に行ったり、四季島も夏SPで上諏訪・塩尻に直通してしまったり、ランチブッフェに行ったりで、足が遠のいてた塩山へ。

この前の日光で味をしめたローアングルを。窓を通して見える青空はほんのわずかなのがイマイチかな。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


その塩山には、四季島の後ろを追いかける「かいじ5号」に乗ってきました。勝沼ぶどう郷に止まったので、いつもより1分遅い11:51に到着。お囃子がなかったこともあり、すでに皆さん、バスに乗り込んでました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


* * * *

今日の深遊探訪には、普段は、上野界隈でお見送りされてる方が乗られてます。乗車順が最後でした。草津が出て行った後になったので、14番線側から記念撮影シーンを記念撮影

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


お召し列車が走るらしいのですが、おそらく大混雑と予想。八王子に向かいます。想像した通り、上野東京ラインの東京駅ホームには、すでにラインができてました。お召しは、Y さんに託して(?!)、中央特快で八王子へ。

八王子はごぶさたでした。

旗を用意してたり、しおりを配ったりと、お見送りモードがバージョンアップしてました

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


わけあって、夕方の塩山のお見送りはパスしました😅

(C(M)+ATr(B))

トランスイート四季島 - コスモス

先週に引き続き、三連休の月曜日。
先週は東武日光線でしたが、今週はJR日光線。

鶴田から鹿沼の間に気になるところを発見 !! Map を見ると、鶴田駅から15分前後で歩けるらしいということで、鹿沼から一駅戻って鶴田に。

そして、歩くこと20分。いままでより、ボリュームがあるコスモスの群生が線路ぎわにありました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、速攻、駅に引き返し日光駅へ。すでに、皆さんは観光に出てしまってます。ので、ホームから。

台風が通り過ぎるというので雨☔️を覚悟してました。が、すでに雨は上がっていて、青空も見えてきました。日光も差し込んできてます。日の光が車体に反射していて、普段、撮ったことがないアングルに挑戦。ホーム上の屋根と車両の間の青空、そして、「ラウンジこもれび」の窓越しに見える青空の両方が入るようにローアングルで撮ってみました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


* * * *

日光駅のお見送りをパスして帰りました^_^;;

宇都宮駅では、たまたま、下りの追い越しが見られたので撮ってみた。まぁまぁのタイミングで撮れてた(^。^)

E5退避 E6+E5通過 E5退避 E6+E5通過 E5退避 E6+E5通過


* * * *

(おまけ)
月曜日の朝は週末よりも2時間も遅い時間に発車するので、尾久に寄る余裕があります。先週に引き続き、今日も尾久に行ってみると、カシオペアがホーム寄りに止まってました。

ちょうど EF81-81 を繋ごうというタイミングで、快速アーバンが尾久を通過した。ので、赤羽からの折り返しで尾久で降りてみた。すでに、機関車が連結された状態でした。後続の普通で上野に向かう列車の中から、そのカシオペアと、上野に向かう直前の四季島の両方を動画で収めてみました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 カシオペア カシオペア - TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島
(動画)

蓮田にて - 彼岸花、クリ、サギ そして、トランスイート四季島

お彼岸ですね。
明日は、秋分の日。
彼岸花が咲いていました。

ヒガンハナ ヒガンハナ


クリ🌰も、たわわに実ってました。
まだ、イガイガが青いのが多いです。
豊作はまちがいなし😊
ただ、側溝に落ちてしまう実があるのはもったいないなぁ...

栗 栗 スペーシア


稲刈りも始まってました。
コンバインが行くところに鷺(白鷺?)が集まってます。
おこぼれをいただきにきてるのでしょ〜ね。

シロサギ シロサギ


そんな鷺と四季島を狙います。
刈り取りが終わった直後は、それなりに留まっていたのです。
が、四季島がくる頃には、皆さん、飛び立ってしまいました。

辛うじて1羽だけ😳

鷺 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


東白石で雪とカモと四季島との時も直前に飛び立ってしまった...
相性がよくないのか ...

鳥は難しい😅

鉄道博物館 企画展 走るレストランにもトランスイート四季島が登場

鉄道博物館の企画展「走るレストラン〜食堂車の物語〜」をのぞいてきた。

展示室は撮影禁止なので、外から入口と出口だけ。出口側にトランスイート四季島のダイニング四季島の展示があります。このダイニング四季島が、この企画展の締め括りになってます。

出口からチラッと見える、トランスイート四季島のクルーの制服。給仕の時に着用する料飲サービスの制服です。白い上着がその証拠。展示を一通り見た最後に確認したら、左の胸ポケットの上は名札バッヂが着いてました。

さぁ、誰の名札でしょうか ?
お世話になった方もいるはず。ヒントは T。
ぜひ、確かめに行ってみてください(๑・̑◡・̑๑)

鉄道博物館, 走るレストラン 鉄道博物館, 走るレストラン


* * * *

遡ること1時間45分。

上野駅には、懐かしい顔がありました。2年前、ご一緒した H さん。久しぶりの再会でした。なんでも、お友達が乗られるとのこと(入線までに間に合いませんでしたが...)で、お見送りに来られたそうです。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


発車をお見送りした後、大宮まで追っかけました。Maさんと7番線に行くと、Mo さんから緑の飴を🍬いただきました。そして、最前部まで移動し、2度目のお見送りでした。

上野駅を先に出た Fさんは反対側のホーム(8番線)にいらっしゃいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


(A(O)+MSi)

今日のトランスイート四季島 - 秋が近づいてきました

朝から雨模様。このまま、雨が続くのかと思っていたら、北上して行くと雨が上がってきました。アスファルトが乾き始めるのがわかります。そして、線路際にはコスモスが咲いてるのが見えました。となれば、上今市で去年のリベンジ

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


開いてる花の数が、昨年よりも少なめだったのは、一週早かったかもしれない。来週が狙い目か。

* * * *

久々の祝日の月曜日。発車する時間が 11:20 と、週末よりも2時間も遅いので、たまには、尾久まで行ってみることに。品川から上野東京ライン経由高崎線直通籠原行きに乗りました。上野では降りずに、もう1駅先に進みます。上野でドアが閉まり車内放送が始まると「快速アーバン」らしい^_^;;;

尾久通過しましたー😅

いちおう、通過する手前で一枚。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


赤羽から上野に戻ります。今日は、東武線を特急を使わずに日光先回りを考えてたので、発車のお見送りをパスしました。(代わりに?)いつものように、14番線から眺めました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


コスモスが気になり、上今市で降ります。上今市からJR日光線の線路ぎわまで10分ちょっと。リベンジとまではいかなかったけど、いちおう、コスモスと四季島とを絡めた絵が撮れました。

東武日光に向かう普通列車の中から、日光駅に止まっている四季島を1枚。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 四季島飴


四季島の日光駅発が17:00。今市を17:06くらいに通過とすると、下今市17:05発のスペーシアきぬ142号に乗ると、下今市の先のJR日光線をオーバークロスするところでランデブーするのでは...

という期待を持ちながら、東武日光16:55発の普通に乗ります。ここでも、四季島の発車を見送りはパスしました。代わりに、東武線普通列車の車内からラウンジこもれびの入り口付近を1枚。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


下今市に着いて、乗り換えです。が、乗るはずのスペーシアきぬ142号は途中、約4分遅れとの案内放送がありました。結局、17:10に発車しました。

山々


5分遅れでは万事休す。オーバークロスする場所に、四季島の姿はありませんでした。遠くにでも見えれば御の字とも思ってましたが、姿形が見えず。企画倒れでした。

あとは、帰るだけ。
せめてものなぐさめは、車窓に、遠くの山々のきわに沈む夕陽が綺麗だったこと。そして、時間が遅くなるにつれ、空のグラテーションが最高なことでした。

トワイライト


(乗り鉄記録)
◎ 品川→赤羽 東海道線・上野東京ライン クハE230-8018(1) 3922E U518
◎ 赤羽→上野 東北線 モハE232-3409(2) 1547E E-09
◎ 上野→北千住 常磐線 サハE530-2013(6) 1159M K409
◎ 北千住→南栗橋1202 東武伊勢崎線・日光線 半蔵門線車両 8016(10) 967S
◎ 南栗橋→下今市 東武日光線 モハ6162(1) 101
◎ 下今市→上今市 東武日光線 モハ61103(1) 715
◎ 上今市→東武日光 東武日光線 クハ6272(2) 717
◎ 東武日光→下今市 東武日光線 モハ61201(3) 716
◎ 下今市→北千住 東武日光線・伊勢崎線 107-3(4) きぬ142号(1142)
◎ 北千住→品川 常磐線・上野東京ライン・東海道線 モハE231-42(3) 1890H 119

今日のトランスイート四季島 - 猿橋 とある展望台からの眺め

本日のツアーも、外から撮ることにしました。朝の天気予報は曇りでした。
が、なんとか、現地では、少しだけ青空が見えました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


* * * *

朝、地元の駅、電車に乗る時、なんと、京浜東北線が運転見合わせの報。上野に行けない😓
この時点で、直接、中央線に向かってもよかったのですが、一応、廻り道して上野に向かいました。

入線には間に合わないのは想定内。

そうしたら、知り合いの方が乗られるということがわかり、塩山の夕方だけのつもりが...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 353系


猿橋から追いかけても塩山までに追いつかないので、ここは、勝沼ぶどう郷からバスに乗ったらどうなるかと調べて見ると、勝沼地域バスのぶどうコース4便に乗れそう。後は、宮光園とルミエールに近いバス停を探すと、それぞれ、阿部医院前と藤井交差点北ということがわかりました。実際に乗って見ると、ビンゴ!!

阿部医院前に着いたら、何という、タイミングでしょう!! 反対方向から Grand Blus Resort のバスがちょうど到着しました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


皆さんが入館するのを見送って、ルミエールに向かいました。ここは、以前、歩いて20分くらいなのは経験済み。楽勝です。

皆さんが到着する前に、白を2杯(甲州シュールリーとミルズ)いただきました(試飲です)。そろそろという時に、ヤードに向かえば、これまた、ちょうどバイパスを走ってきたバスが見えました。ほどなくして、皆さん、思い思いのドリンクをいただきながら、長谷部さんのワイン講座へと向かいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


Grand Blue Resort が止まってる場所のすぐ先にある交差点を左に折れて、少し降りたところに藤井交差点北のバス停があります。ここから、ぶどうコース5便に乗ります。16:00 過ぎに勝沼ぶどう郷駅に着きます。16:18 発の甲府行きに乗って塩山へ。

タイミングもバッチリ。ちょうど、バスもついた頃らしく、乗客の皆さんがラウンジのドアから乗り込むところでした。

16:37 姨捨に向かって発車。旗を振ってお見送りしました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


(C(F)+AF)

(乗り鉄記録)
◎ 目黒→上野 山手線 モハE235-59(6) 608G 20
◎ 上野→神田 京浜東北線 モハE232-1071(2) 727B 171
◎ 神田→新宿 中央線 モハE233-27(2) 839T T27
◎ 新宿→大月 中央線 サロ214-2(4) ビューやまなし(9591M) NL2
◎ 大月→猿橋 中央線 クモハ211-1002(4) 534M N318
◎ 猿橋→大月→勝沼ぶどう郷 中央線 モハ210-2030(5)→モハ211-2029(2) 537M N614
◎ 勝沼ぶどう郷→塩山 中央線 モハ210-3(3) 539M N602
◎ 塩山→立川 中央 クハE352-20(12) かいじ54号(9154M) S120
◎ 立川→武蔵小杉 南武線 クハE232-8001(6) 1832F N1

青い日本海とトランスイート四季島

日本海側に来て、真夏でもないのに、太陽の日差しが刺さるという感覚。もう、9月なのにねー。
まとわりつくじわじわ暑いのも鬱陶しいのだけど... 刺すような日差しもツライ... そんな中、アスファルトの上に40分。で、撮れたのが、これ😅

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

0:22 に直江津に着いてきら、6時間もしないうちに移動開始。「おはよう信越」に乗って新潟へ。途中、新津駅では、小休止中の四季島を発見。

2019夏SP追っかけ旅

新潟から村上へ。さらに、北上して、勝木まで。

2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅

四季島の前を走る「きらきらうえつ」。

きらきらうえつ

そして、音もなく、トランスイート四季島。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

この後、「いなほ」が来るのですが...
さすがに、府屋まで歩いても、その「いなほ」には乗れませんでした。もし、「いなほ」に乗れていたら、あつみ温泉で四季島に追いつけたのだけど ... ということで、追っかけはここまで。

上りの「いなほ」で坂町まで。
そして、米坂線で米沢へ。
米沢から「つばさ」に乗って一路、東京へ。

2019夏SP追っかけ旅

台風が来るというので、早めに戻ってきました。

(乗り鉄記録)
◎直江津→新潟 モハE653-1102(2) おはよう信越(3361M) H-202
◎新潟→村上 羽越本線 E128-12(4) 927M B12
◎村上→勝木 羽越本線 キハ47-518(4) 825D
◎府屋→坂町 羽越本線 モハE652-1011(6) いなほ8号(2008M) U106(瑠璃色)
◎坂町→米沢 米坂線 キハ110-223(1) 1130D
◎米沢→東京 E328-2001(15) つばさ146号(146M/146B) L61

真夏の四季島 2泊3日のスペシャルな深遊探訪

2019年の東日本の旬 夏の2泊3日コースの2回目。

1回目(8/3〜)は初日、「韮崎で富士山を」が曇天で企画倒れでした。今回は、「富士見の立場川橋梁」、「姨捨を行く四季島」、そして、「笹川流れの青い空と海」の3つを狙います。

その一発目。富士見、大成功です。黄色の稲穂、そして、真っ青な天空を行く黄金(おうごん)の四季島。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


朝の上野駅。入線を見届けてました。そして、今日、乗車される O さんにご挨拶。

2019夏SP追っかけ旅


発車時刻を待たずに、新宿からビューやまなしに乗って小淵沢へ。塩山から甲府を走ってる時に富士山山頂には雲が目立ちます。これを見て、韮崎、小淵沢の三峰の丘も考えてましたが、予定通り、富士見まで行くことにしました。

青空が素晴らしかったので、旧線側ではなく、下から空を見上げるほうを選びました。

想定してたより遅めに、そして、とってもゆっくりと通過していったのでした。

2019夏SP追っかけ旅
(動画)


今日は上諏訪で花火大会があります。その臨時列車が富士見から上諏訪まで走るのですが、乗れませんでした(間に合いませんでした^_^;;)

ので、塩尻から奈良井に行くのは諦めました。

塩尻駅にはホーム上に葡萄園(葡萄棚)があります。そこで、駅ナカわいんバー in 塩尻 が開いてました。「TRAIN SUITE 四季島 来塩記念」!! ここにお邪魔して、赤と白を一杯ずついただきました。スタッフさんと四季島の話で盛り上がりました。

四季島の車両がホームに入ってくると、何枚も写真を撮ってたので、何枚か記念撮影のお手伝いも。そして、四季島の乗客の皆さんが戻ってくると、ホーム上で「桔梗太鼓」の歓迎。息がぴったり!! かっこよかった〜。

2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅 2019夏SP追っかけ旅


四季島は、上諏訪方面に発車してきいます。一度、戻る感じです。富士見まで戻って、そこから、いつもの土曜日の時間をなぞって姨捨に向かいます。

こちらは、四季島が出ていった後、松本行き普通列車乗り、そして、松本からビューふるさとで姨捨に先回りします。

四季島が1回目の通過まで1時間半くらい待ちます^_^;;; 姨捨公園で、夜景になる前の、明るいうちに行って試し撮り。と言っても、狙いは線路。結果的に、これが正解。暗くなってしまうと、AFは通過する列車の明かりだけが頼り。MFで置きピンするには暗すぎます。

四季島は、まず、19:30 頃に姨捨駅に入らずにスルーして行きます。明るいうちにMFでピントを合わせたままでシャッターを切りました。SS が遅いと四季島かどうかがわからなくなります^_^;;

姨捨 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


戻ってくる前に、夜景を眺め撮りました。

姨捨の夜景


今日は、なんだか、姨捨-稲荷山間でクマと衝突して、一時、運転見合わせとなり、四季島も、その煽りを受けて、15〜20分遅れて通過しました。それにしても、クマがいるのね。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、四季島は稲荷山から上ってきます。夜景と絡めようと、場所を変えるつもりでした。が、その場所に歩き出したのだけど、街灯はなく、真っ暗。iPhone のライトを頼りにするも、こんな場所で熊に出くわそうものなら、間違いなく食われてしまう気がします^_^;;

なので、結局、同じ場所から撮りました。

そして、2番線に入線してきたところをパチリ。
車掌さんに認識されました!!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


姨捨駅ではホームには入らずに待合室からご挨拶に旗振りしました。Oさんにも、そして、1番列車に一緒に乗った方に存在をアピール。皆さん、どうやって来たの ? と、驚かれます!! ほんと、ここまで、小淵沢→富士見をのぞいて、18きっぷで普通列車(快速)を乗り継いできました。

発車するときに、Oさんから差し入れを頂きました😅。なんか、申し訳ないです。

TRAIN SUITE 四季島の送迎おもてなし参加者募集!というのがあったんですね。

この後、後続の長野行き普通列車→長野から妙高高原行きのしなの鉄道 北しなの線、妙高高原から直江津までのえちごトキめき鉄道 最終列車に乗りました。

今日は直江津で投宿です。

(乗り鉄記録)
◎上野→神田 京浜東北線 モハE232-1027(4) 727B 127
◎神田→新宿 中央線 クハE233-18(1) 893T T18
◎新宿→小淵沢 中央線 サハ214-8(6) ビューやまなし(9591M) NL4
◎小淵沢→富士見 中央線 モハE352-503(6) あずさ57号(8057M) S103
◎富士見→塩尻 中央線 クモハ211-3018(3) 1541M N310
◎塩尻→松本 中央線 クハ210-2022(6) 439M N614
◎松本→姨捨 篠ノ井線 HB-E301-2(2) ビューふるさと(8231D)
◎姨捨→長野 篠ノ井線 モハ211-2030(4) 1553M N614
◎長野→妙高高原 信越線・しなの鉄道 北しなの線 357M クモハ115-1527(1)
◎妙高高原→直江津 えちこトキめき鉄道 妙高はねうまライン ET126-2(2) 2375M V-2

今日のトランスイート四季島 - 橋の青さが映えます

鬼怒川橋梁を上るトランスイート四季島。
車両が被るけど、青いトラスが印象的な橋です。
曇天だったこともあり、青さが際立ってました。
徒歩で宝積寺からも岡本からも、30分はかかります。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

こんなところで、待ち構えてるのは1人だけ。
一方、川には釣り人が多数。
鮎でしょうか ? 解禁になったのかな ?!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

そして、上野駅。
最後の最後に、Mさんが降りてきました。
14番線で出迎えるもの悪くないですね。
気づいてくれたからですが^_^;;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

さくらのスイカ、そして、Suica におトクなきっぷ

もう、一年の2/3過ぎてしまいました。
涼しめの梅雨が終わると、酷暑、そして、台風やらで雲がなかなか取れない夏だった気がします。秋晴れを期待したいですね〜。

Welcome Suica


"さくらのスイカ"とは、訪日外国人旅行者向けの Welcome Suica です。プレスを見る限り、パスポート確認や、日本人だけど海外駐在してることの確認を行う、ということは書かれてませんでした。さらに、Welcome Suica 専用券売機が設置されてる駅があるとも書かれてました。

ということは、誰でも買えるのではと思い、専用券売機のある、とある駅に行って買ってきました。いろいろと手間取るかと思っていたのだけど、意外とあっさり、すんなり買えました。手間取ったのは、券売機を探し出すことでした。

とはいえ、購入する時に、ハードルになるかもと思う点が1つあります。

券売機は日本語メニューはありません。

得意と言わないまでも、少しは馴染みがある言語を選んで券売機を操作した方が良いでしょう。

券売機を探した時も、どこにあるっていうのは、英語で書かれてたポップで知りました。券売機のメニューも [English] を選んで買いました。駅員さんに聞いてもよかったのかもしれませんが、万が一「日本人は買えませんよ」と言われてしまっては、元も子もありませんでしたから... 自力で探すしかありませんでした。

そして、利用上の注意点がいくつかあります。すでに、プレス「おトクなきっぷが Suica でご利用いただけます!」の[参考]でも書かれてますが、一応、書いておきます。

・デポジットはありませんが、
・(代わりに?)チャージ残金の払い戻しはできません。
・Welcome Suica カードの有効期限が、購入日から28日間。
・ 購入時にカードと一緒に出てくる案内票を常時持っていること。
・5000円までの1000円刻みと10000円。全額チャージ分となる。

一方で、同じ訪日外国人旅行者向けの PASMO PASSPORT は、デポジットはなし、28日間の有効期限で、チャージ残金の払い戻しがないのは Welcome Suica と一緒。異なるのは、販売価格が、発行手数料(500円)含めての2000円のみ。デポジットなしだけど、発行手数料がかかるというので、チャージ分は1500円になる。そして、購入資格確認があります。ので、気軽に購入できません。欲しいんだが...^_^;;

* * * *

そして、9/1 から、Suica に企画券が乗せられるようになるということで、早速、試しに購入してみた。Welcome suica にも乗せられるけど、普通の無記名カードに乗せました。

その顛末を...

普通の券売機で、スイカ新規購入から行ってもたどり着けませんでした。おトクなきっぷから、都区内パスを選ぶと、ICカードのおトクのきっぷのメニュが出た。そこをタッチすると、Suica を入れろという。たしかに「お手持ちの Suica または Welcome Suica におトクなきっぷを発行します」と...

Suica と一緒に買いたいのに〜 !!

ということで、Suica 無記名を新規購入してから、おトクなきっぷの ICカードの都区内パスを購入しました。Suica の券面は、紙きっぷの券面と同じ印刷をしているようです。

なお、おトクなきっぷが Suica でもご利用いただけます。によると、(黒い)多機能券売機なら、カードの新規購入とおトクなきっぷを同時に購入できるそうですね。

また、「以下のカードには、おトクなきっぷは発行できません」とあります。
・Suica 定期券(有効な定期券が乗ってるカード)
・記念Suica
・Suica イオカード
・りんかいSuica
・モノレールSuica
・JR東日本以外発行のICカード(PASMOなど)
・モバイルSuica
・定期券情報を乗せられないビューSuicaカード
・ゆうちょICキャッシュカードSuica

一応、券売機で購入するときにも注意点として表示されます。が、これらのカードを識別して受け付けないような仕掛けになってるかはわかりません(上記の一部のカードにおいて、カードを入れと、新しい通常のカードに交換されてしまうという報告が上がっています)。

ところで、都区内パスの有効期限は1日です。Suica 自体は、デポジットしているので返還するまで使えるはず。

では、一度、都区内パスを乗せて、別の日に、お出かけパスを乗せると、Suica カードはどうなるのでしょうか...

カードが交換となるのか、
定期券の券面のように書き換えるのか ?!

はたして...