今日のトランスイート四季島 - 追っかけ旅2日目、そして、1年ぶりの再会

朝5時に起きたら、雨も雪も降ってなく、天気予報も午前中は雲のマーク。雨は午後からという予報。であれば、予定通り、青い森鉄道の西平内へ向かうことにしました。

あまり早い時間に行っても、寒い中、外に出っ放しは辛いので、7時前の普通列車で移動。小湊方面の空は真っ白^_^;; 8時頃、近くの踏切が鳴りました。青空が少しずつ広がってきました。しかし、なかなか、四季島の姿が見えません。すると、青森方面から貨物列車がやってきました。まさかの被りか〜... 一眼の方は、わずかですが裏被り。気にはなりませんが...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


動画では、なんとか貨物列車が通過後に、四季島の姿が写ってます。

2019年 四季島 冬シーズン
(動画)


直後の青森行きに乗り青森へ。青森到着は8:50着。四季島の回送は8:52発車。ギリギリですが、間に合いました。

2019年 四季島 冬シーズン


四季島を見送ったあとは、9:05発「つがる2号」で新青森へ。そして、新青森駅前9:15発の五所川原行きのバスに乗ります。このバス、実は、青森駅前から出ています。ただ、その発車時刻が8:53。四季島を見送ったら絶対間に合いません。なので、新青森からバスに乗るという裏技(?)を駆使しました。

バスは五所川原に10:15に到着。昨年と同じくらいでした。時刻表だと10:35着となってます。おそらく、これは、積雪を想定して余裕を持たせているのだと、勝手に思い込んでます。そして、津軽五所川原10:40発の津軽鉄道に乗ります。

今日の12/1は、ストーブ列車が走り出す日です。初便は津軽五所川原11:50発です。ということは、金木11:06発はストーブ列車ではないのか ?? 四季島のストーブ列車はないのか ?? と想像を巡らしてながら、金木に向かいました。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン


金木駅で四季島の乗客やクルーの方々と再会。一昨年・去年と、やはり、(四季島を追っかけて)ストーブ列車に乗りにきた時に、お世話になった津鉄のアテンダントさんに再会。今年は、四季島ツアーにアテンドされてました!!

そして、ストーブ車両1両だけ繋いだ列車が到着。1両のストーブ車両は四季島の貸切になります。一般の乗客は、機関車とストーブ車両の間に繋がれた車両に乗ります。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン


津軽五所川原に着くと、今シーズンのストーブ列車の初便として折り返す準備が始まりました。ストーブ車両を2両に増結し、機回しと忙しいです。ホームには、四季島の乗客と、ストーブ列車初便に乗る人でごった返し、賑わいました。

駅の跨線橋を渡ると、恒例の津軽五所川原駅、五所川原駅の駅員さんや地元の見送り隊の方々がお出迎え。リンゴ🍎ちゃんは、やはり人気者です。一年ぶりの再会でした。

駅前でバスの出発をお見送り。してからの、立佞武多の館へ。積雪がないので早歩き。入口で歓迎のお囃子が披露されてました。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン


この後、「リゾートしらかみ1号」、お約束の橅編成。青森に向かいます。弘前までは窓側に空きがなくB席で我慢。弘前から、ボックス席を独り占め。いつぞやの記憶がよみがえりました。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン


青森到着すると、雲行きが怪しくなってきました。駅前を歩いてると降り出してきました。小雨ではなく、普通に雨になってしまいました。

寒い中、雨に濡れてもいいことないので、ホームで待ち構えました。四季島が来るまで、青森駅で四季島探し。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン


14:00過ぎ、四季島が5番線に到着。そして、14:21 、弘前に向けて発車しました。発車直前に、車掌さんから四季島のスタンプをいただきました。たぶん、デビューしたてのスタンプです。

2019年 四季島 冬シーズン 2019年 四季島 冬シーズン 四季島スタンプ


今年の追っかけはここまで。
今シーズンの追っかけは最後かな、と思いつつ、「はやぶさ60号」で帰京しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント