天空ノ鉄道物語 内覧会に潜入

最近の時刻表の裏表紙とかに「特別展 天空ノ鉄道物語」って文字が踊ってるのを知っていたのだけど、あんまり、気にもとめてなかった。けど、よくよくチェックしてみると、けっこう前から宣伝していたようです。

場所は、六本木ヒルズの森タワー52F。真横には、テレビ朝日があります。

天空ノ鉄道物語 内覧会


「超・特急定期券」500枚限定ってのがあった。定期券というくらいですから、当然、何度でも入場できる。ただし、それなりのお値段。まぁ、4回来ればトントン、5回来ればお得です。会期は、2020/3/22 まで。約3ヶ月もある。四季島も、2020年1月から3月は走らない。4、5回は行けそう。そして、この定期券の特典に、特別先行内覧会に参加できるとある。直前だったので、ダメ元でチャレンジしてみた。前売券とは違う申し込み方法だったので、難儀したけど、なんとか「定期券」ゲットできました。

その特別先行内覧会の様子を、少しだけ。

内周エリアは、昔(チラシによると1964年)上野駅中央改札を再現した入口から、物語が始まります。1964年というと、この世に存在し始めてまもない頃。でも、立て看板の発車案内標板は、かなり遅くまであった気がします(wikipedia の発車標によると、東北・上越新幹線の上野延伸開業前まで使われていたとあります)。懐かし景色です。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


JNR から JR になる前後を振り返るコーナー。じつは、この時期、たまたま、日本に居なくて、現地から親に国際電話で時刻表を買っておいてと頼んだのを思い出す。

天空ノ鉄道物語 内覧会


そして、驚きの一つ目。
Twilight Express 原寸大が鎮座しています。
糸魚川市産のスギ材を使って作られていて、この展示がおわったら、糸魚川駅構内に展示されることになっているそうです。その時は、内部に立ち入り見学、食事ができるようになるそうです。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


クルーズトレインと観光列車の紹介はパネルのみ。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


圧巻は、ここ。歴代のJTB時刻表とJR時刻表の表紙が壁4面にドーンと。ここは、いろいろ、探しせると思うと楽しめそう。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


そして、中井精也さんの写真展コーナー。三陸鉄道の復活の軌跡(奇跡)、部分復旧や全線復旧の時の地元の皆さんの想いが伝わってくる写真を見ていると、その頃を思い出して、涙が出てきます。まさに、写真なんだけど、ドキュメンタリーの映像を見たかのようでした。流さずに見てほしいなぁと思います。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


外周に入ると、こんな風景が待ってます。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


夜景もバッチリです。ガラスに光の反射が少なくなるような工夫がされてます。

天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会 天空ノ鉄道物語 内覧会


まだまだ、ありますが、内覧会の模様はここまでです。近いうちに、また、別のコーナーを紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント