みたび、プロローグ四季島へ

こんな、またとないチャンスを逃してなるものか... というと言い過ぎですが...本来なら、乗る人が乗る日と最終日にしか入ることができない、プロローグ四季島に入れる。

という、大人の休日倶楽部 四季島ツアーの説明会に参加しました。このツアーは、5/15(金)発で、初日は能と日本茶の世界に浸り、東京ステーションホテルに滞在、そして、5/16(土)からの1泊2日の深遊探訪に向かいます。申し込み締め切りは3/8(日)。ハガキでの申し込みだけだそうです。

説明会は、午前の部と午後の部があって午後の部です。この時期だったからかもしれませんが、思った以上にゆったりと過ごせました。

受付は上野駅中央改札の外でした。受付を済ますと、クルーにアテンドされ、四季島ゲートを通過し、プロローグ四季島に向かいます。また、プロローグ四季島の中では、席に案内されて、すぐにBITOWA湯飲みでのお茶と、BITOWAスクエアプレートでの和三盆が手元に。これは、まさに、乗る時と同じ流れです *\(^o^)/*

プロローグ四季島 プロローグ四季島


そして、例のビデオを見ます。今回募集のツアーの行程の説明があり、四季島の行程は、特におすすめの楽しみ方や、見どころを、クルーの方々(5人)から紹介されました。初日のオリジナルコースは大人の休日倶楽部さんから説明。なかなか面白そうでした。

プロローグ四季島に置かれている、各停車駅のバナープレートや、オリジナルグッズ、地場の工芸品・調度品も、もう少し宣伝しても良かったかもしれません。

上野駅のバナープレートは、ここプロローグ四季島の中でしか見ることができません。乗らないと見られない貴重なものだし...

プロローグ四季島


個人的には、オリジナルグッズの展示ケースに興味深いものを見つけました。ネットでは買えなさそうなので...

プロローグ四季島


そして、最後に、この際ということで、あの特徴的な椅子に座らせてもらいました(まだ、座ったことがなかったので ^_^;;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント