つながった常磐線

9年ぶりに全線運行再開となった常磐線。仙台まで(から)の直通の特急「ひたち」も走りだした。

おかえりなさい!🌸仙台行きひたち号🌸」

常磐線全線運行再開を祝う旅


上野駅に着いたら、17番線には、すでに、E657系のK14編成が入線済み。まだ、ドア扱いしてなかったけど、かなりの人手。みんな乗るのか?! と思っていたら、四季島でお世話になっている、とある方にばったり。

そして、上野駅17番線 8:00。「あゝ上野駅」が流れて、出発進行!!

常磐線全線運行再開を祝う旅


事前のお知らせで、三河島、金町、柏で、JR東日本の社員さんによるお手振りがあるとのこと。三河島はホーム上でのお手振りでした。三河島は通過駅。駅ホーム側に座っていましたが、距離が近くて、気付いた時には通り過ぎてました。写真は間に合わいませんでした。

金町駅手前では、少し離れたビルに横断幕。これがあれば、絶対気づきます。多くの方々が、手だけでなく旗も振ってらっしゃいました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


柏駅。最初の停車駅です。進行方向右側にホームがある時は、横断幕にきづきます。仙台までには左側がホームの駅もかなりあります。なかなかすべてをキャッチするのは難しい。歓迎シーンの写真がない駅は、ほぼ、左側のドアが開くです。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


土浦駅は、その左側がホーム。歓迎の様子は掴みきれませんでした。右側の窓には雨粒が。この日は、朝から雲がどんより。天気予報も雨予報でした。降り出したようです。
常磐線全線運行再開を祝う旅


偕楽園は予定通りの臨時停車です。この時期、梅はもう最盛期は過ぎてるようでした。友部付近の沿線には、まだまだ桃色の木々が見られましたが...。
常磐線全線運行再開を祝う旅


偕楽園といえば梅。いわきまでは車内販売があり、地元"のもの"として、"しゅわしゅわ木内梅酒"が車内限定デザイン缶で買えました。朝ご飯のおにぎり弁当に梅酒という取り合わせで腹ごしらえ(^○^)
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


水戸駅。どう写るかは気にせず、向こう側の窓に何か入ってればいいやと、何か横断幕や人混みが見えたらシャッターを押してみた。そしたら、緑の横断幕が写ってました!!
常磐線全線運行再開を祝う旅


続いて、勝田。右側には、たまたま、ひたちなか海浜鉄道の車両が止まってました。3つ連続で隣駅に止まると、一つ前のツイートを送信する前に、到着してしまうこともしばしば。すると、写真を撮るのが追いつきません。
常磐線全線運行再開を祝う旅


常陸多賀です。この頃は、雨が止んでました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


日立に到着する前に太平洋が広がりました。駅では駅員さんによる横断幕です。各駅ごとに、いろいろなデザインや絵がある横断幕は楽しいです。次はどんなのかなぁって期待が膨らみますね。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


磯原。ここまでの各駅、発車のタイミングが少しづつ遅れ出していました。ここで約5分遅延です。乗ってる方は、あんまり気になりませんが、沿線や駅で待ってる方には「まだかな、まだかな」という気を揉んでたかもしれません。外は寒かったでしょう。
常磐線全線運行再開を祝う旅


「磯」が名前に含まれてるということは、海が近いということ。磯原海岸、勿来海岸と海沿いを北上して泉へ。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


湯本の手前では、おそらくは非常ブレーキ。踏切安全確認とのこと。さらに遅れが拡大するのか... と思っていたら、程なく、再開しました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


いわき駅でも、駅員さんの横断幕!!
常磐線全線運行再開を祝う旅


いわき以北に特急がやってくるのは久しぶり。広野までの間、沿線でのお見送り・お手振りされる方が増えた気がしました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


そして富岡。ここから、今日運行再開となった区間に入ります。文字通り、「つながる。」「つながる常磐線」の主役です。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


夜ノ森は通過でしたが、ホームには見送りされてる方の姿が見えました。大野駅では、奥にピンク色が映える桃の木。地元の皆さんに横断幕で歓迎してもらいました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


双葉駅。とっても多くの方がホームに。太鼓の音も車内にも届きました。地元の皆さんの期待の大きさが伝わります。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


浪江。富岡からここまでの間が、今日運行再開となった区間。こちらでも、ホームいっぱいにお見送り・お出迎えの方々 *\(^o^)/*
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


今度は、各駅に降りてみたいですね。新しく再開した区間は単線でした。隣には整備された道路と思われる区画がつながってるところがあります。車が走ってる一般道とは、雰囲気が違います。報道によると、大野双葉間はもともと複線区間。単線で整備して、非常時の避難道として使うのだそうです。

桃内。時刻表では通過駅ですが、運転停車。仙台からの上り1番列車「ひたち14号 品川行き」と交換しました。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


原ノ町。歓迎は途切れることはありません(^○^)
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


相馬。上りの1番列車の後になるので、どうだったのでしょう。左側がホームゆえ... たぶん、ここでも盛大だったと思います。
常磐線全線運行再開を祝う旅


次は終点仙台です。その仙台駅は1番線に到着。ホームでは駅員さんが総出で横断幕3つに分けての到着を歓迎。最後は、3つの横断幕が集合しての記念撮影も。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


2020/3/14 常磐線全線運行再開 上野発仙台行き特急 ひたち3号(下り直通1番列車)のおおよその運行時刻はこんな感じでした。

停車駅 定刻の着/発時刻 → 3/14の着/発時刻
上野 /800 → /800
柏 826/827 → 826/828
土浦 849/850 → 850/850
偕楽園 917/917 → 917/918
水戸 918/919 → 920/921
勝田 924/925 → 926/927
常陸多賀 936/937 → 939/939
日立 941/941 → 943/944
磯原 956/957 → 1001/1002
泉 1011/1012 → 1017/1017
湯本 1016/1017 → 1025/1026
いわき 1023/1025 → 1032/1034
広野 1042/1043 → 1052/1052
富岡 1056/1057 → 1105/1105
大野 1105/1105 → 1114/1115
双葉 1110/1110 → 1120/1121
浪江 1114/1115 → 1125/1127
原ノ町 1132/1133 → 1143/1144
相馬 1148/1148 → 1159/1200
仙台 1231/ → 1238/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント