北帰行(2)

最北端の駅を目指します。

札幌730発の宗谷号に乗ります。この時期、キハ261系のはまなす編成が宗谷線を走ります。今日は、運良く宗谷号の番でした。増結1号車が自由席で、テーブル席と窓に向かって座るお一人様席になってました。1号車より後ろが指定席。座席には、カラフルな腰当てが華やかさを演じてました。座ってしまうと、まったく見えないのですけどネ。

キハ261系 5000番台 キハ261系 5000番台 キハ261系 5000番台

車窓は、やはり、夏空です。このまま、晴れてて欲しいなあ...

宗谷号からの車窓 宗谷号からの車窓

旭川から宗谷線を北上します。和寒、士別、名寄、美深、音威子府、天塩中川、幌延、豊富と停車して行きます。

特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅 特急宗谷の停車駅

天塩川に沿って走るので、川を撮りたいと思ってスマホのカメラをスタンバって待ち構えのだけど... 線路側の木々が途切れず、目の前が広がってくれません。なんとか撮れたのが数枚。それでも、窓ガラスに手や指が反射して写り込んでしまったりと失敗ばかり。

宗谷号からの車窓 宗谷号からの車窓 特急宗谷号からの車窓

そして、抜海を通過してしばらくすると、右手に日本海、利尻富士が見えて来るはずでしたが... 残念賞をいただきました。

特急宗谷号からの車窓

南稚内に止まりますが、写真撮り忘れました...

そして、稚内に到着です。生誕地。でも、物心ついてから2度目の稚内。最初は昔の駅舎の頃。そして、新しい駅舎になってから初めて降り立ちました。

最近、ここ稚内でも30度になったこともあったようで、もはや涼しさを求めるのは難しそうと思っていたら、今日は風がとっても強い。お陰で、半袖では寒いくらいです。

稚内駅 稚内駅 稚内駅 稚内駅 稚内駅

バスに乗り、お約束の宗谷岬へ。14:10に着きます。戻るバスは14:55です。それが、最終バスです。散策する時間はたったの45分。証明書をゲットして、モニュメントを撮って。そして、平和公園に上がって行くのでしょうが、歩くのも、ふらふらしてしまうくらいの強風が吹きまくってたので、上がるのは諦めました。45分でも時間ありすぎ〜。

宗谷岬 宗谷岬 宗谷岬

宗谷岬に行ったのなら、そうひとつの岬、ノシャップ岬(野寒布岬)に向かいます。

ノサップ岬(納沙布岬)というのも北海道(の根室)にあります。こちらは最東端の岬です。漢字で書いていたら、どっちにも読めるくらい紛らわしいです。

ここでも、利尻富士はまったく影も形もありませんでした😥

こちらにも近くに公園があります。ここに、野生の鹿が草をついばんでました。バス停のそばだったので、バス待ちの間に撮ってきました。道路を渡って歩いてる強者も... 多くの車が止まって、写真撮ってました。

ノシャップ岬 ノシャップ岬 ノシャップ岬 ノシャップ公園の鹿

駅前に戻ってから、稚内港北防波堤ドームへ。一部、回収工事中でしたが、出入りできる場所ではスケートボーダーが練習に勤しんでました。

稚内港北防波堤ドーム 稚内港北防波堤ドーム

昨年は函館駅横の運輸所ではまなす編成が止まってるところを眺めて、台風崩れの低気圧の影響で宗谷線が止まってしまい、北上が叶わなかったのですが、こんな時期ですが、一年越しで、やっと念願の2度目の稚内に来れました。

明日は、朝から、帰京の途につきます。

* * * * *

今日の乗り鉄記録。

◎ 札幌→稚内 函館本線・宗谷本線 キハ260-5101(1) 宗谷(51D) ST-5201

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント