TRAIN SUITE 四季島 こぼれ話

3泊4日コースの1番列車に乗った時のお話は、5/1から5/4の分に書きましたが、ここでは、そこで書けなかった話しを少し拾ってみました。

❶運転席の天窓がシェーディングします。

運転席にあるボタン一つで天窓が日よけモードになります。日よけモードになる(写真左から右に変わる)方が、日よけモードを解除(写真右から左に)するよりも、少しばかり時間がかかるみたいです。

四季島 運転台ルーフが...(2) 四季島 運転台ルーフが...(1)


❷青函トンネル内で、運転席のディスプレイには、320Km/h までの信号を受けられます。

が、四季島は青函トンネル内を75~90km/h で走行する想定だそうです。

320km/h 信号も受けられますね


❸四季島に乗れるのは、中学生以上です。

何度かテレビで、子供は乗れるのか… っていう質問が出ては、あまり、明確に答えてくれてないように思えたので…

取り寄せたパンフレットの中に入っている「旅行のご案内」によると、「旅行のご参加は出発時に中学生以上のお客さまとさせていただきます。」とあります。

❹展望車に向う通路にちょっとした仕掛けが。

報道などでは、展望車に向う動画も、壁が白い通路から、2~3ステップ上がって展望テラスに…
という絵が紹介されてますが、その手前に、ちょっとした驚きがあります。

まず、ディーゼルエンジン(発電機)が覗けます。予約確定後に設定できる個別説明会で、エンジンを小窓からのぞくことができるとは聞いていました。が、小窓ではありませんね。予想以上に大きな窓でした。さらに、2号車や、9号車から、展望車に入ってから、エンジンが見えるところに至る通路は、驚きの空間です。

四季島 エンジン


❺車内に MEMORIAL BOOK があります。

乗客が自由にメッセージを書き込める・残すことができる自由帳です。先頭ページに、とはなりませんでしたが、初乗車を記念して足跡を残してきました。

是非、これから乗る人にも目を通していただきたいし、また、メッセージも残して欲しいですね。

MEMORIAL BOOK


❻展望車や客室に敷かれた絨毯、購入できます。

この絨毯は、裸足で過ごすと気持ち良いです。お値段は張りますが、オリジナルグッズとして購入できます。

ちなみに、車掌さんが車掌室を出入りする時、展望車を通る時、靴を脱いで、この絨毯の上を歩きます。

❼四季島に「きっぷ」はありません。

これも、きっぷを見せてほしいと何度か聞かれて、その都度、きっぷはないと答えてましたが、本当に、四季島のきっぷはありません。行程表や、旅のしおりの相当する書類に、個室の部屋番号が書かれているだけです。

貸切列車の函館市電や、「リゾートしらかみ 四季島」のきっぷもありません。

唯一、今回、五能線コースで新函館北斗から新青森までを通常の営業運転している「はやぶさ24号」に乗りましたが、そのグリーン券だけは配布されました。そして、それだけが手元に残ったきっぷとなりました。残念ながら、そのグリーン券の券面には「四季島」の文字はありません。

きっぷがないのは、ななつ星 in 九州と同じですね。

きっぷはありませんでしたが、今回限りの「運行開始記念乗車証明書」をもらいました。

"TRAIN SUITE 四季島 こぼれ話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント