今日のトランスイート四季島 - おうじ にて

来週の準備のため、近場で撮りました。

王子駅 上中里寄りの改札を出たところにつながる跨線橋の上から狙いました。京浜東北線には日が当たるのですが、東北本線には直接当たらない季節になってしまったようです(飛鳥山の木々の茂りの影響かもしれません)。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


この後、上野駅へ。
お出迎えに、またまた、遠くから来られた方がいらっしゃいました^_^;;

(C(Ma)+MA(+Shi))

今日のトランスイート四季島 - はつかりにて

今日は、上野駅の入線にお邪魔し、すぐに、移動開始。18きっぷでホリデー快速ビューやまなし乗り大月に。新宿から乗りました。目の前の席の方から声をかけられました。熊本から来られたそうです。先週、九州に行っていたので、なんだか、話が弾みました〜。

大月て降りて、後続の普通列車で初狩へ。駅から15分くらいのところから、四季島を狙ってみました。

かなり、遠くから、こちらにやってくるのが見えます。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、初狩駅を通過。長いレンズから短いレンズを交換して...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


さらに、通り過ぎた後も、かなり遠くを行く姿が木々の間から見えました。また、長いレンズに交換して、追ってみました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


欲張り過ぎたかな ?!

* * * *


ホリデー快速ビューやまなし、高尾を出ると、なんだか、ゆっくり走る... と思ったら、止まりました^_^;; 人立ち入りとか。

今日は、沿線にカメラを構える人が固まっているのがあちこちに見えました。止まった時も、目の前のケーブルが走るコンクリのボックス上に何人かが構えてました。さて、何が来るんでしょ... って感じでした。

もしかしたら、ロンチキ ...
すでに、すれ違ったよな〜(って勘違い ?!)

九州一周りの旅(5) - キッチン ちくご にも🍕

九州の旅の締めくくりは、キッチンです。

西鉄の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」に乗って、「地域を味わうディナーの旅 -CHIKUGO DINNER COURSE-」を楽しみます。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


上熊本から大牟田へ。乗った列車は鳥栖行き。てっきり、久留米発だと勘違いしてた。途中で気づいて大牟田で降ります。これから、ディナーだというのに、お昼ご飯を食べてなかったので、やたらとお腹が減ってる。なんなら、コーヒー☕️とケーキくらい食べたいな... と思いながら、駅前をウロウロするも、喫茶店が見つからない。

暑い中歩きまわってもいいことないので、駅にあるお蕎麦屋さんでざるを一枚。

そして、発車時間を待ちました。待ってる間は、外からエクステリアをパチリパチリと。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


ドアが開いて、一番乗りできたので、誰もいないところで車内探訪。車内に入ると、そこは、まさにレストラン。電車の中ということを忘れてしまいます。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


そして、ベルが鳴ると発車です。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


ディナーメニューは、こんな感じでした。選択することろは、選んだのを載せてます。
1. [ウエルカム・ドリンク] - あまおうプレミアム スパークリングワイン
2. [アミューズ] - ズッキーニとペコリーノチーズ, 巨峰サラダ
3. [野菜のプレート] - オクラとプチトマト, 焼きなすのアグロドルチェ, かぼちゃとミントのクロケット
4. [肉のプレート] - 豚と夏野菜のビネガー煮込み
5. [旬野菜のピザ] - オクラと大葉のピザ
6. [プティフル] - ミルク・ブラッドオレンジのジェラート
7. [ハーブティ] - ほうじ茶+レモングラス

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


どれも、とても美味しくいただきました。量も、ちょうど良かったです。ピザは旬野菜ということなので、季節毎に変わるようです。また、乗ってみたいです。

指定された席は、3号車の扉横の席でした。すぐ横に、パンフレットが並んでました。中でも、手作りのパンフレットが秀逸!! 地元の紹介はもちろんのこと、食器や食材の生産者の情報などが満載。これは、必見ですね。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


ピザが出てくる直前に、2号車のキッチンの前で、まさにピザを作ってるところを説明してくれます。ま〜るいピザ生地から、平たくして、オクラと大葉とチーズを乗せて、ピザ窯へ。約90秒で焼き上がります。丸いままピザプレートに乗せてサーブされるのが2人分。1人や奇数の時に、1人分は、丸いプレートではなく、特別に作ってもらったという四角いプレートでサーブされます。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO 西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


ピザ窯は2台。当然、電気窯。その電気は上から取ってます。窯の奥行きは如何ともしがたく、窯があるところは、カウンター部分が少しだけせり出してます。通路が、若干、狭くなってます。

花畑駅では、ドアが開きます。ここで、なんと、T さんがサプライズ登場。博多駅で待ち合わせしてたのですが... 以前に、乗ったことがあるとのこと。なので、花畑で見送って、博多に先着できる術を知ってらっしゃる !!

その花畑駅では、運転士と車掌とで「涙のリクエスト」を披露してくれました。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


そして、20時過ぎに福岡天神駅に到着しました。到着ホームには、花畑駅でサプライズ登場した T さんが先回りして、お待ちでした。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


この列車、乗車券などの紙のきっぷはありません。メールで送られてくるだけです。ということで、記念乗車券が配布されます。その時に、自分で、今日の日付に入鋏します。

西鉄 The Rail Kitchen CHIKUGO


福岡天神駅を出る時は、これを見せる... のではなく、別に渡される降車券を駅員さん渡すことになります。

こんな感じで、九州一周りの旅を終えました。
この後、T さんと23:00頃まで飲んでました^_^;;

(乗り鉄記録(午後の部))
◉ 大牟田→福岡天神 西鉄 6653(3) The Rail Kitchen Chikugo
◎ 天神→博多 福岡市営地下鉄 空港線 1102(5) 01

九州一周りの旅(4) - おれんじ食堂に行ってきました

九州の旅、実質的に最後の日。今日は、2部に分けて書きます。まず、午前の部です。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


肥薩おれんじ鉄道。川内630発の普通列車で出水へ。列車は、川内の一つ手前の隈之城からやってきて、出水の一つ先の米ノ津までを走ります。

薩摩高城では、昨日と同じくらいの海の白波。空も曇天。まだ、台風の影響があるのか...

肥薩おれんじ鉄道 肥薩おれんじ鉄道


そして、午前の部のメインイベント。

出水から おれんじ食堂 1便(モーニング) に乗ります。団体のモーニングのメニュー(朝食プラン)がすごく気になってましたが、10人以上からの予約なので、基本プランで予約しました。せめて、写真でも... と思ってたりしましたが、乗る人、自分を含めて2組5人!! 朝食プランで乗る人がいませんでした。

列車は2両編成です。乗る人は2組。一両づつ貸切でした。なんと、贅沢な。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


途中、景勝地を車窓から眺めます。

出水から水俣までの間に、鹿児島県と熊本県の県境を通過します。この県境を跨ぐ「境橋」が一つ目。緑に囲まれてた静かなところです。橋の上にも緑がみえます。なんだか、足で渡ってみたくなりました。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


水俣駅に8分止まります。水俣駅は、水戸岡さんデザイン。停車時間を使って見学できます。「かぞくいろ」のロケ地になっていたので、出演者の皆さんのサインが飾られてました。また、沿線ではスタンプラリーも。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


水俣から新水俣までの間、肥薩おれんじ鉄道に並行に走る細長い道路があります。昔、山野線が走っていた場所で、"日本一長〜い運動場"と呼ばれているそうです。桜並木になっています。🌸満開の頃に、一度はきてみたいです。

そして、津奈木-佐敷間の重盤岩(ちょうはんがん)。ふもとからモノレールに乗って頂上に登れるようで、そこからは八代海が見渡せるそうです。

頂上に日の丸掲揚台があります。普段は日の丸があがってるそうです。今日は、めずらしく🇯🇵がたなびいてませんで。台風など、よほどの荒天の時にだけ、掲げられないことがあるそうで、たいそう、珍しいことのようです。まさに、そんな日に当たりました。運がいいのか、悪いのか^_^;;

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


そうこうしていると、八代海沿岸が目前に広がりました。しばらく、海岸線に沿って走ります。台風一過の景色がありました。目の前には青い海、そして、遠くに天草、空はちょうどいい具合に雲が浮かんでる青空。まさに、絶景!!

「台風一過 車窓の向こうに 天草が」

だっかな ?! 日奈久温泉に着く前に配られた短冊に書いた気がする^_^;;;

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂
肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂
(動画)


日奈久温泉駅では駅マルシェが開いてます。お土産もらいました。ので、ってこともないけど、ここに来たという証のため、手拭いを購入しました。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


モーニングは、こんな感じでした。黒い茶碗には白湯。そして、コーヒーカップには、阿蘇の溶岩で焙煎したコーヒーが。そして、オレンジジュースもいただきました。とっても、美味しかったです。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂


約2時間で新八代に到着です。ほどなく、新八代から折り返しのおれんじ食堂が発車しましま。2便はスペシャルランチです。それなりのお値段ですが、かなりのお客様で賑わってるようでした。

こちらは、乗り換えの時間を使って、九州新幹線の南半分が開通した時、使っていた在来線・新幹線同一ホーム乗り換えのために、リレーつばめが走ったアプローチ線を眺めてきましたた。まだ、線路も架線も残ってた。生きてるようです。

新八代駅


新八代から予土へ。予土から三角へ。さらに、熊本に戻る。三角線といえば「A列車で行こう」に乗るしかあるまい。予土→三角→熊本と「A列車で行こう」に乗りっぱなし。難点は、乗ってる時間がちょっと時間が短いこと。ハイボールを飲んで、景色を眺め、写真に撮り、SNS に上げる。そんなことをしてると、ハイボールを飲みきる前に熊本に着いてしまいます。そんな、慌ただしい時間でした。D席だったら、もう少し、余裕があったかも...

三角線 A列車で行こう 三角線 A列車で行こう 三角線 A列車で行こう 三角線 A列車で行こう 三角線 A列車で行こう 三角線 A列車で行こう


午後の部に行く前に、熊本電鉄に乗ってみた。どうせなら、ということで、全区間乗ってみた。くまモンICカードを買い、アオガエルを拝み。あげくに、軌道併用道路を走ってるところを車内から眺めたり。

熊本電鉄 熊本電鉄 熊本電鉄


銀座線、三田線の車両がくまモンラッピング電車となり、元気よく走ってました。

熊本電鉄 熊本電鉄 熊本電鉄


(乗り鉄記録(午前の部))
◉ 川内→出水 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-152A 6118D
◉ 出水→新八代 肥薩おれんじ鉄道 1-A2 オレンジ食堂1号 HSOR-114A
◎ 新八代→予土 鹿児島本線 クモハ815-3(1) 4320M N003
◎ 予土→三角 三角線 キハ185-1012(2) A列車で行こう1号(8031D)
◎ 三角→熊本 三角線・鹿児島本線 キハ185-4(1) A列車で行こう2号(8032D)
◎ 熊本→上熊本 鹿児島本線 クモハ817-1 -(1) 5342M V001
◉ 上熊本1250→北熊本1259 熊本電鉄 01-135(1)
◉ 北熊本1301→御代志1321 熊本電鉄 01-636(6)
◉ 御代志1341→藤崎宮前1407 熊本電鉄 01-136(1)
◉ 藤崎宮前1425→北熊本1431 熊本電鉄 01-136(1)
◉ 北熊本1502→上熊本1511 熊本電鉄01-635(6)

九州一周りの旅(3) - くまモンが列車に乗ってたよ !!

台風が行ったので、あわよくばと期待した夕陽は叶わず。で、宿に戻る時に乗った列車に「くまモン」が座席に座ってました!!!

これ、けっこう、インパクトあります。

肥薩おれんじ鉄道


* * * *

その台風10号は、事前の予想より四国よりを進んだようです。が、そもそも、台風がでかい。台風一過の晴天は拝めませんでした。

前日のJR九州の発表で、今日は、日南線終日運転見合わせ。当然ながら「海幸山幸」は運休です。ということで、宮崎空港線も日南線も乗ること叶わず、JR九州完乗の予定もお預けとなりました^_^;;

まぁ、それ以前に、日豊本線も始発から運転見合わせでした。前日に窓口で「いつ頃、運転再開になりそうですか ?」と聞いてみると、個人的な予想という断りがあった上で、「仮に、点検して、何事もないことが確認できたとしても、早くて夕方頃になるのでは」と。

とは言え、今日も都城ってわけにはいきません。今日のお宿がある、川内には行かないとなりません。明日の朝早くに川内にいないと、全てが狂ってしまいます。仮に、駅員さんの想定の通り、夕方に日豊本線が運転し始めたとしても、そのあと、たどり着けるか。万が一、夕方も遅い時間に運転再開となったら、たどり着かないこともありえます。ならば、行けるところまで行ってしまおうと思いました。

朝、鉄道は動いてないので、移動手段はバスしかありません。都城から西に向かうバスをいろいろと調べたら、宮崎から鹿児島へ行く高速バス「はまゆう」しかなさそうです。幸い、その高速バスは、初便のみ運休、それ以降は、平常運行となってました。

高速バス はまゆう


都城駅の最寄のバス停は、行き方はわからないけど「都城北」らしい。時間は11:10。座席予約制。Web予約で残2席の1席を予約しました。「都城北」にどう行けばいい ? タクシー ?! いろいろ調べたら、宮崎行きのバスに乗って、高速に入る直前の「高速都城北入口」で降りればよいらしい。

ここまでわかれば、あとは、なんとかなりそうです。

バスに揺られること約2時間。途中、霧島SAで休憩。えびの、吉松を経由していくので、昨日来た吉都線の道のりを逆向きに行く感じでした。

鹿児島本線 鹿児島本線


鹿児島中央までくれば、あとは、鹿児島本線に乗るだけです。特に、規制もかかってなさそうでしたので、ゆっくりと歩むことにしました。鹿児島中央から川内までの運賃940円。18きっぷ、旅名人の九州満喫きっぷのどちらも出番はありません。

16:00前には、川内駅前のホテルにチェックインできちゃいました。時間潰しのため、駅舎から九州新幹線を撮ってみたり、川内駅近くの橋梁をわたる肥薩おれんじ鉄道や、九州新幹線を撮ってみたりしました。

鹿児島本線 川内


夕陽が撮れたらラッキーと思って、肥薩おれんじ鉄道の薩摩高城に行ってみました。この駅、ホームから浜辺へ歩いて行けます。目の前に白波が立つ東シナ海(!!)ご広がりました。残念ながら、太陽は雲の向こう側。ほんのわずかな雲の切れ間から、日が差し込んだ程度でした。オレンジ色に輝くには、まだまだ、日が高かったようです。夕陽になりそうな時間は、雲ばかりの風景でした。

薩摩高城 薩摩高城 薩摩高城 薩摩高城駅


こんな具合に、ゆったりと過ごした1日でした。

(乗り鉄記録・乗りバス記録)
○ 都城→高速都城北入口 バス
○ 都城北→鹿児島中央 高速バス(54506)
◎ 鹿児島中央→川内 鹿児島本線 クハ816-9(2) 2444M V009
◉ 川内→薩摩高城 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-101A(1) 6144D
◎ 薩摩高城→川内 肥薩おれんじ鉄道 HSOR-111(2) 6351D