今日のトランスイート四季島 - 芝桜と鯉のぼりと

山梨ですでに桜が散り気味だった昨日。
東京近郊で桜が見られる場所はないなぁ... と思って、東北線を北上して古河-野木間のここを見つけました。

芝桜とトランスイート四季島 芝桜とトランスイート四季島


途中、荒川の赤羽側の土手の芝桜。ヒガハスの枝垂れ桜、ワシクリの菜の花。いちおう、候補地を押さえてましたが、芝桜と四季島のコラボは初めて。

芝桜とトランスイート四季島
(動画)

雨が降り、芝桜のカラフルな色が鮮やかでした。

芝桜 芝桜 芝桜 芝桜 芝桜 芝桜 芝桜 芝桜 芝桜とE231系

今日のトランスイート四季島 - 2021年春〜秋ツアー運行開始

今年の春〜秋シーズンの募集では今週の運行分は含まれてませんでした。他の旅行会社のツアーの日程にも書かれてませんでした。

なので、今週は、てっきり試運転と思ってました。

ところが、四季島サイトの1泊2日コースの運行日カレンダーを見ると、4/3から黄色になってます。まぁ、試運転でも本運転でも、桜と四季島のコラボを撮るので、追っかけの行程は変わるわけでもないのですけど。

トランスイート四季島

上野駅で少しだけお見送りして、先を急ぐことにしました。勝沼ぶどう郷のつもりでしたが、すでに満開はすぎてしまっていたので、一駅戻ります。甲斐大和です。

トランスイート四季島

普通電車で塩山に向かいます。ちなみに、勝沼ぶどう郷の桜はこんな感じでした。甲斐大和と、あんまり、違いがなかったかもしれません。

勝沼ぶどう郷の桜

塩山到着は2番線。隣には四季島が止まってました。そして、太鼓の音が響いてました。

トランスイート四季島 トランスイート四季島

桃源郷のつもり、からの線路際。

たんぽぽ、桃、菜の花... 春ですね。
たんぽぽ 桃 桃, 菜の花 桃, 菜の花 桃

桃と... 211系とE353系と華と

桃と... 桃, 211系 桃と... 桃, E353系 桃と...

そして、塩山に向かうトランスイート四季島です。

桃と... トランスイート四季島 桃と... 桃と...


塩山を定刻に発車してゆきました。
トランスイート四季島

ギャラリー四季島 最後の訪問

3月で閉鎖となるギャラリー四季島に行ってきました。

ギャラリー四季島

リピーターのお二方と一緒になりました。リピーターということ、最初から最後までスタッフさんとお話しする会となりました。最後ということで持ち込んだのをネタにして、懐かしい思い出話に花が咲きました。

ギャラリー四季島 ギャラリー四季島 ギャラリー四季島

調度品や季節に合わせた写真パネル、そして、車両模型は、閉鎖となった後、この後、どこに行くのでしょうか。特に、模型の行き場が気になります。

ギャラリー四季島 ギャラリー四季島 ギャラリー四季島 ギャラリー四季島

SNSで繋がっている方も、今日が最後のということで来られるということで少しお話しできたらと思ってました。少しどころかとってもとっても盛り上がりました!! サプライズも、ありがとうございました!!

入り口横のサインは、明日、取り外されると聞かせれたら撮らざるをえません。

ギャラリー四季島

振り返れば、最初に来たのが運行開始前。
2度のプライベートサロン。
予約なしでの立寄りが4回。
そして、最後となる今日が24回目でした。
年4〜5回、お邪魔してたようです。

①2016/2/7(日)(1回目)
②2017/2/26(日)プライベートサロン
③2017/7/2(日)
④2017/10/1(日)
⑤2017/11/11(土)(立寄り)
⑥2017/12/17(日)
⑦2018/2/4(日)(プライベートサロン)
⑧2018/3/10(土)
⑨2018/5/1(火)
⑩2018/6/2(土)(立寄り)
⑪2018/6/3(日)
⑫2018/8/4(土)
⑬2018/12/8(土)
⑭2019/3/16(土)
⑮2019/4/30(火)(立寄り)
⑯2019/5/19(日)(立寄り)
⑰2019/6/8(土)
⑱2019/8/31(土)
⑲2019/11/9(土)
⑳2020/1/12(日)
㉑2020/3/29(日)
㉒2020/8/1(日)
㉓2020/11/14(土)
㉔2021/3/30(火)(ラスト)

ギャラリー四季島のスタッフさんも、閉鎖に伴って(まさかまさかの)ご卒業となるとのこと。気軽に、旅の思い出を振り返りながら話ができる場所が、ほんとうになくなってしまうのは、とっても残念です。

今日のトランスイート四季島 - 今年初運行に密着して...(2)

密着2日目。

とは言え、深夜から早朝の熱海→根府川(日の出)→小田原(お出迎え)には参加してませんでした。

けど、いちおう、根府川駅からスタートします。

日の出の絵を描いた「新しい日」のカードと一緒に四季島ではない電車越しの相模湾を写しました。

そして、小田原へと蜻蛉返り。小田原駅到着前、トンネルを抜けてすぐ、右手に小田原城が見えます。いちおう見たということで、報徳二宮神社に行ったつもりで...

湯河原駅 小田原城がかすかに

小田原駅の改札横の四季島ゲートのバナープレートをながめ行くと、改札の外には(元四季島車掌の)Mさんがいらっしゃいました。お久しぶりです。

そして、以前は伊豆クレイル用だったラウンジ前には、四季島の初便でご一緒した方もいらっしゃいました。

11:30過ぎに四季島が国府津方から入線してきます。熱海方の先頭車の横には、発車の際に使われるベルと、そのベルを振り鳴らすスタッフさんが整列していました。

ラウンジカー前では、トレインマネージャーさんのこれまでのお出迎え・お見送りの御礼や、「今年12月にまた来ます」の挨拶があり、ハンドベルでドアが閉まり、そして熱海方へと発車して行きました。

どうも、小田原には名古屋の方からお見送りに知り合いが参戦してたらしいのですが、まったく気づきませんでした😅
トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース

四季島は小田原から、一旦、熱海方面へ下ります。そして、来宮→熱海→小田原と戻ってきます。

その間に、どこに移動しようか思案しましたが、鴨宮も茅ヶ崎も、富士山はまったく見る影もなかったので、駅前の桜が見頃だった大磯に向かいます。本来なら、普通が来るはずでしたが、異音と踏切確認とかで運転見合わせ。すると、始発の特別快速が先行して発車することに。平塚まで各駅に止まるという救済に助けられてスムーズに移動できました。

トランスイート四季島 トランスイート四季島 トランスイート四季島

大磯駅から、四季島が通過してから10分後に出る上野東京ライン経由高崎行きに乗ります。これに乗っると、なんと、品川で四季島に追いつきます。さらに、深谷では四季島に先着します。

四季島は品川で小休止し、方向転換して大崎方へと発車します。そして、湘南新宿ラインを回って深谷に向かいます。

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース

3/13のダイヤ改正前は、この高崎行きは宇都宮行きでした。深谷に向かうため、上野始発14:30発の高崎行きに乗り換えて深谷に向かうのが常套手段でした。この上野始発電車に乗ると、赤羽付近から大宮まで四季島と抜きつ抜かれつしながら並走したのです。

ダイヤ改正後は、宇都宮行きだったのが高崎行きになりました。上野14:30発の始発はなくなっています。おそらく、この始発電車を吸収した形なのでしょう。これで、上野発が14:27と3分早くなり、四季島との並走シーンは見られなくなってしまいました。

ダイヤ改正の影響は、土曜日の夜のサンライズ瀬戸・出雲との並走が見られなくなるというところにも表れています。

深谷には四季島到着の5分前に着きました。階段を上がり改札を抜け、ペデストリアンデッキで到着を待ちます。3月ともなると日はまだまだ高いままでした。四季島が来ることを知って集まってきた方がいたり、何この電車... と話す人もいたりと、さまざまでした。

知人によるドア閉め・発車のハンドベルで、上野へ向けてラストスパートです。

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース 深谷駅 トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース

ラストスパートとはいえ、新幹線ワープには敵いません。熊谷で上越新幹線に乗り換えます。E7系のあさま号の通過の後、E4系のMaxたにがわに乗って大宮へ先回りしました。

E7系 新幹線 E4系 新幹線 E4系 新幹線

大宮での通過シーンを眺めて、手を振ったらMH頂きました!!

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース
(動画)

大宮から、深谷で乗り熊谷で降りた平塚行きの上野東京ラインの電車に再び乗り込み上野駅へ向かいます。上野には四季島到着の2分後に着きます。急いで13番線に移動。知人が13.5番線のゲートを抜けてくる前になんとかお出迎えができました。

尾久への引き上げをお見送りして、皆さんが帰路につくのと同時に密着終了です。

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース


おつかれさまでした。

今日のルートはこちら。
◉ 川崎936→根府川1050 東海道本線 サロE230-1070(4) 1543E K-29
◉ 根府川1052→小田原1100 東海道本線 モハE232-3819(6) 1586E U619
◉ 小田原→大磯 東海道本線 サロE230-1079(4) 1826Y K-38
(⌘大磯1257)
◉ 大磯1310→深谷1550 東海道本線・上野東京ライン・東北本線・高崎線 サロE230-1041(4) 1874E U507
(⌘深谷1555/1619)
◉ 深谷1623→熊谷1638 高崎線 モハE232-3817(6) 1921E E-17
◉ 熊谷1650→大宮1703 上越新幹線 Maxたにがわ512(412C) E455-114(2) P-14
(⌘大宮1712)
◉ 大宮1717→上野 1744 東北本線 モハE233-3017(3) 1921E E-17
◉ 上野→品川 上野東京ライン クハE232-3033(1) 1929E U633

今日のトランスイート四季島 - 今年の初運行に密着して...

今年の初運行の日がやっと来ました。

今シーズンから走り始めた冬の1泊2日コース。今年に入ってすぐの緊急事態宣言が出て解除されるまでの運休に追い込まれました。なので、今日からの新しい1泊2日コースは4回目にして、今冬シーズンのラストです。予定では14回走るはずでした。2泊3日コースにしても、今冬シーズンは昨年12月に走った4回でおしまいになっています。

今日からのツアーには知人が2組乗るということで、少しだけ密着して追っかけてきました。

上野駅は久しぶりの13番線ホームです。先々週、予定通り走っていたら、と用意していた切り絵とメッセージカードを連れ出してもきました。メッセージカードは「ここから」です。0キロポストから線路が延びているイメージですが、ポストが小さすぎて、よくわからない絵になってしまいました。

14番線側からお見送りです。知人の2組は、2番目と3番目と連続して13.5番線を歩いてきたので14番線への入線に被らずにすみました。
トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 トランスイート四季島


とある逆車窓はこんな感じでした!!
トランスイート四季島


そして、出発の旗振りは13番線ホームから。

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース トランスイート四季島 冬の1泊2日コース


四季島の姿が見えなくなってから、常磐線に乗って追っかけます。快速電車で松戸、緩行線で新松戸へ。南流山から来るところを動画にしました。車掌さんに気付いてもらってMHをいただきました。

トランスイート四季島 冬の1泊2日コース
(動画)


四季島の直後を走る武蔵野線で西船橋へ着くと、すでに宴は終わった後でした。
トランスイート四季島 冬の1泊2日コース


船橋→千葉→成田と乗り継いで佐原に到着。佐原駅手前の両総用水の桜と四季島を撮りたくて、鹿島神宮を諦めました。予想してたより10分くらい早く通過して行きました!!

トランスイート四季島 トランスイート四季島


駅に戻るとお見送りの時間が案内されてました。
これも、今日が最後😅 来年も同じ時間になるのでしょうか?!
トランスイート四季島


鹿島神宮に向かっても四季島はサッカースタジアムに行ってしまっているので、潮来に向かいます。そこで、鹿島神宮から佐原へ回送する姿と、佐原から潮来に再び回送されてくる姿を狙いました。
水郷潮来あやめ園 トランスイート四季島 冬の1泊2日コース


場所は水郷潮来あやめ園。あやめの姿は見られませんでしたが桜が見頃を迎えてました。
さくら 桜


こちらは、北利根川を渡るところを。
トランスイート四季島 トランスイート四季島 トランスイート四季島


佐原駅でのお見送りです。前回は12月、もう、日が沈んで夜の帳が下りてました。ので、竹燈籠の光が浮かび上がって良い雰囲気でしたが、3月後半にもなると、まだまだ、日は沈んでません。写真は撮りやすかったです。

トレインマネージャーによる出発前のご挨拶。
「また、12月に来ます!!」
トランスイート四季島 トランスイート四季島 トランスイート四季島 トランスイート四季島 トランスイート四季島


今日の密着はここまで。

一度、自宅に帰って、また、明日、小田原から密着します。

今日のルートはこちら。

(⌘上野840/940)
◉ 上野949⑥→松戸1010 常磐快速線 クハE531-1(10) 1151M K401
◉ 松戸1014→新松戸1021 常磐緩行線 モハE232-2406(8) 939S 6
(⌘新松戸1025)
◉ 新松戸1032→西船橋1047 武蔵野線 クハE231-35(1) 917E Mu8
◉ 西船橋1050→船橋1053 総武緩行線 モハE230-568(6) 992B A523
◉ 船橋1100→千葉1115⑧総武快速線 サロE235-1002(5) 919F F-02
◉ 千葉1131⑨→成田1205 総武本線・成田線 サロE216-17(4) 991F Y-17
◉ 成田1241→佐原1321 成田線 クハ209-2148(4) 2448M C424
(⌘佐原1333/1334)
◉ 佐原1417→潮来1429 鹿島線 クモハE131-81(1) 535M R11
(⌘潮来1518)
(⌘潮来1637)
◉ 潮来1645→佐原1655 鹿島線 クハE130-81(1) 540M R11
(⌘佐原1703/1729)
◉ 佐原1751→千葉1905⑦ 成田線・総武本線 モハ209-2119(5) 460M C610
◉ 千葉1937③→品川2027 総武快速線・横須賀線 クハE217-2014(+4) 4870F Y-117

塩山あたりをロケハンついでに散策

塩山駅前(四季島バスが来る反対側)にある蔵を模したトイレの前にある桜が見頃。そして、甘草屋敷にも鮮やかなピンク色が目立ったました。

塩山の桜 塩山の桜 桜


一葉の里コースの最初の立ち寄り場所が甘草屋敷(かんぞうやしき)です。母屋の屋内には吊るし雛が飾られてるようでしたが、外から眺めるだけにして、コースをなぞります。

とりあえず、コースの前半は上り坂が続きます。途中、桜🌸はもちろん、白や淡い紫、黄色とさまざまな花が見られます。ただ、名前がいまいちわかりません😅

桜 桜 名前がわかりません 名前がわかりません(すもも ? 雪柳?)


慈雲寺は枝垂れ桜で有名ですが、見頃にはまだまだでした。その代わり(?!)、お寺の前には菜の花がここぞとばかりに咲き誇ってました。

菜の花 塩山の桜 しだれ桜/イトザクラ しだれ桜/イトザクラ


まだまだ、上り坂が続きます。たどり着いたところが向久保日向薬師です。境内の桜は満開間近でした。

桜 桜 桜


この辺りが、このコースのサミットのようなので、見下ろしてみました。こんもりした山が、塩ノ山です(塩山の由来?!)

塩ノ山を見下ろす 塩山の桜


ここからは、下り坂です。道端には、青く小さな花が咲いてました。オオイヌノフグリという名前だそうです。ところどころに、縦に長いピンクの花がツンと咲いてます。ホトケノザなのかな(?)

オオイヌノフグリ ホトケノザ(?)


オレンジのお堂が目立つところが滝本院です。ここの桜も見頃でした。

桜 塩山の桜


駐車場の隅っこには、水仙やヒヤシンスも咲いてました。

ヒアシンス 水仙


駅に戻る道すがら、すももの花も(こちらは、ほぼ間違いないでしょう)

すもも すもも


8.6Km のコース。11時頃から14時頃まで、約3時間歩きてきました。そして、ほぼ、4ヶ月ぶりの駅前にあるお馴染みのお店でとろろそばいただきました。お店には吊るし雛も。

塩山の桜


勝沼ぶどう郷の桜は、3分咲きくらいだったかな ?!
来週あたりが見頃かも知れないけど行けない。
再来週くらいまでもってくれるといいなぁ。

今日のトランスイート四季島 - リアル妄想ツアー2日目

トランスイート四季島のツアー2日目は、早朝の根府川駅で日の出を愛でるところから始まりますが... 妄想ツアーの朝は遅くから始まります😅

午前10時過ぎの根府川駅です。昨日の悪天候が嘘のような絶好の小春日和。なので、こちらを連れ出してきました。

[根府川]
幻の四季島の旅(2)


* * * * *

根府川に行くのに、まず、ダイヤ改正後の踊り子号(E257系2000番台)に乗りました。

[川崎駅]
幻の四季島の旅(2)

小田原で普通に乗り換えます。

[小田原駅]
幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2)

根府川駅到着です。早朝、日の出前からすでに約4時間経ってます。

実際のツアーは、ここから、小田原に向かい、小田原城すぐの報徳二宮神社へと向かいます。そして、朝食後にタクシー(?)で江之浦測候所へ向かいます。

が、今日は時間が遅いので江之浦測候所へ。金曜日に予約を入れておきました。その送迎バスが根府川駅前から出ます。2日目の始まりの場所としては同じ場所。ちょうど、いい。ということにしておきます。

[根府川駅]
幻の四季島の旅(2)


10分弱で到着します。以前、根府川駅から歩いたのですが、下って、上ってと山歩きで小一時間掛かったことを思うと、天と地の差があります。

測候所という名がついてます。何かを測定する場所というよりもで屋外型の美術館(ミュージアム)と言った感じでしょうか。また、美術作品や建築物の展示はもとより、菜の花畑、みかん畑、竹林の景観も素晴らしいところでした。

測候所の名を冠してるというのを感じさせるのは、春分の日・秋分の日、夏至、冬至の日の出の方向を示すように通路やトンネルが貫いていたり、さらに鳥居が向いていたりしてます。その日、その時にぜひ訪れてみたいと思いました(そんな早朝に開館してないかもしれませんが...)。

[江之浦測候所]
幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2)


江之浦測候所を12:30の送迎バスに乗ると、根府川で四季島が通過直後にくる高崎行きに乗れます。追っかけ旅でもお世話になる電車です。小田原で、特別快速に乗り換えます。乗り換え時間に、小田原城を眺めて、報徳二宮神社に行ったことにします😅
千羽鶴の奥にチラッと見えます。

[小田原駅]
幻の四季島の旅(2)


特別快速は湘南新宿ライン経由です。なので、品川には寄りませんが、四季島が品川で折り返してる間に、大崎を発車します。つまり、このまま、深谷まで先着します。

途中、新鶴見では電気機関車、そして、武蔵小杉手前では東海道新幹線の最新車両N700S系と出会いました。

[湘南新宿ライン]
幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2)


深谷駅では、観光案内所に直行。ふっかちゃんと渋沢栄一翁を写真に収め、東京駅を模した駅舎を撮って、たった7分の滞在時間。実際のツアーでは30分弱も時間をとってるのて、こんなに忙しくありません。

[深谷駅]
幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2)


四季島の上野到着時刻よりも早めに戻ってきました。12月の時は日が沈む時間が早かったので、大宮あたりですでに真っ暗になりましたが、3月にもなると明るいうちに戻ってくるようです。

[上野駅]
幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2) 幻の四季島の旅(2)

13.5番線から降りて、ゲートをくぐり、プロローグ四季島へと向かうところまでをイメージして、この旅を終えることにします。

四季島のポスターが春バージョンになってました。

[ポスター]
幻の四季島の旅(2)

4周年記念は皆さんと盛大にお見送りしたいものですね。

最後に、今日の乗車記録です。
◎ 川崎916→小田原1001 東海道本線 モハE256-2507(12) 踊り子3号(4023M) NC-32
◎ 小田原1005→根府川1013 東海道本線 クハE233-3517(15) 1839E E67
◎ 根府川→小田原 東海道本線 モハE230-1116(7) 1874E U590
◎ 小田原→深谷 東海道本線・湘南新宿ライン・高崎線 サロE230-1058(4) 4828Y K-17
◎ 深谷→大宮 高崎線 サロE231-1080(5) 4837Y K-39
◎ 大宮→上野 東北本線 サロE233-3015(5) 1895E E-15
◎ 上野→品川 上野東京ライン・東海道本線 サロE233-3029(5) 1897E U629