サフィール踊り子号に乗ってわかったこと

予定では、前日のサフィール踊り子1号の6人個室で、とある同窓会となるはずだったのですが、10時打ちの甲斐もなく、叶いませんでした。

なので、2日目に乗ることに。行きはサフィール踊り子1号の普通グリーン車、帰りはサフィール踊り子2号の普通グリーン車に乗ってきました。でも、実は、初乗車は、3/14 上り1番列車のサフィール踊り子2号。仙台からの戻ってきて、たまたま、品川で待ち構えられることわかり、ダメ元でえきネットを見ると、なんと、品川-東京間の8号車1Bが空いてました。後先かえりみず、乗りました。

初日と2日目の3回、普通グリーン車に乗ってきてわかったことをまとめます。

①サフィール踊り子1号の東京駅入線時刻は10:44頃です。

何時にどっち側から来るのか... 気になりますね。
10:44頃に入線というのは案内放送で流れてました。そして、上野方からの入線してきます。まだまだ、走り始めたばかりですから、物珍しかったり、期待を込めたり、様々なことから人気になる列車です。特に、1 号車よりも新橋寄り、8号車よりも上野寄りには、多くの人が待ち構えてます。ここは、それ込みで写してしまおう。そんな感じで、譲り合って眺めたり、写真を撮ったりしていたようで、特に、混乱はなかったように思えました。

サフィール踊り子号


②ラーメンを食べるならサフィールペイで予約を

ラーメンを食べたいと思ったら、予約しておくことをお勧めします。乗ってからも予約するという選択もできます。が、東京駅発車する前に完売になってることもあります。そうなると、もはや、食べられません。ラーメンは個室利用でない限り、4号車のカフェテリアで食べることになります。予約の際は、カフェテリアの利用時間帯を指定します。景色の良いところ、海を眺めながら食したいなら、その時間帯で早めに予約しましょう。カフェテリアのキャパシティの関係で、時間帯ごとに予約数が決まってます。

サフィール踊り子号
(動画)


ラーメン以外のサイドメニューや飲み物も、サフィールペイから事前予約できます。予約がなくても、ワゴンによる車内販売で買うこともできます。ただ、数に限りがあるはずで、売り切れになってしまうことあるでしょう。確実にゲットしたいなら事前予約しておくのが良さそうです。一方で、事前予約が完売でも、ワゴン販売で買えることもあるので、諦めないことです。

サフィール踊り子号 サフィール踊り子号


③サフィールペイで予約した整理券QRコードのスクリーンショットは使えない

ラーメンを予約しているなら、4号車のカフェテリアに向かうことになります。その入り口(5号車側)で、この整理券QRコードを使って予約時間帯や注文内容の確認を行います。多くの方は、忘れないように、あるいは、サイトへのアクセスを端折りたくて、予め、そのQRコードをスクリーンショットしておいて、いざ必要になったら、それを読んでもらおうとすることでしょう。ところが、クルーが持っているリーダーは、スクリーンショットには反応しません。サフィールペイのサイトから表示した整理券QRコードを求められます。故に、その手が使えません。

慌ててパニックにならないように、4号車に移動する前に、サイトにアクセスして整理券QRコードを表示させておくことをお勧めします。

もし、サイドメニューを事前予約していると、ラーメンの予約時間になる前に、座席まで運んでくれることもあります。この時も、整理券QRコードの確認が入ります。こうなると、もはや、いつ、この整理券QRコードが必要になるのか、予想もできません。

となると、乗ってすぐにサフィールペイのサイトにアクセスして、整理券QRコードを表示させておき、その画面はそのままにしておくのが良いようです。もし、別のサイトにアクセスしたくなったら、新しく別の画面を開いて操作するのがよいです。

④カフェテリアの利用時間は20分。ちょっと、慌ただしい。

指定された時間になったら、早いうちにカフェテリアに行くことをお勧めします。整理券QRコードの確認に手間取ることもありますし、自分が手間取らなくても、前に並んでいる方が手間取っていると、時間が少なくなります。

ラーメンを食べるだけなら時間は十分でしょう。もし、(ビン)ビールも一緒に頼んだりすると、それを飲み干すのに時間が足りないかもしれません。紙コップに入れて自分の席に持って戻ればいいのかもしれませんが...

サフィール踊り子号


⑤8号車の特等席は1Aだけか ?!

8号車の運転台とその直後の席との間に隙間があります。ここは、運転台と客室との出入口がA席寄りにあり、客室のB席とC席との間にある通路から運転席への導線になっています。この隙間があることによって、上り列車の最前列(1列目)に座ると視線が運転台後方にある機器に被ります。つまり、前方の視界の一部が遮られます。1B席(おそらく、1C席側も)が取れても、期待を裏切られるかもしれません。1A席の前にある出入口は、その機器がないので、唯一、見通しが良い場所となるのかもしれません。

サフィール踊り子2号 8号車


ただ、いずれにしても、最前列の席と運転台との間にある隙間に陣取って動画を撮る人がいて、永らく、そこに留まられてしまうと、もはや、最前列の席である意味がなくなります。

サフィール踊り子2号 8号車


また、プレミアムグリーンの1号車では、運転台と客席との出入口は、1列2席のAB席の外側(山側)の通路に通じています。なので、少し事情は違うのかもしれません。機器の位置と高さによっては、ゆったりした座席ゆえ、やはり、AB席とも前方視界に制約があるかもしれません。こればかりは、乗って見ないことにはわかりませんが...。

⑥晴れた日は、リクライニングした状態で少し視線を上に上げてみよう。

もし、晴れているなら、車窓を眺めるついでに、荷棚を見るように視線を上げると、荷棚の奥の天窓から青空がのぞけます。荷棚の底は透明になっています。荷物忘れた防止はもちろんのこと、その上に天窓があるので、晴れた時には、席に座ったまま、頭上の景色を見ることができます。ぜひ、晴れた日には堪能ください。

サフィール踊り子号


今後、個室やプレミアムグリーンに乗れたら、続編があるかもしれません。

高輪ゲートウェイ駅へ開業2日目に行ってみた

ちょっとポスターを意識した場所で撮ったつもり...
でしたが、よく見比べると、向きが逆でした^ _^;;;

高輪ゲートウェイ駅


初日はあまりにも混み混みだったので、改札を出るのをやめたのですが、2日目は少し落ち着いたようです。改札を抜けたところから品川寄りを見ると、京急線の泉岳寺寄りの引き上げ線が見通せます。

高輪ゲートウェイ駅


コンコースからは下を通る京浜東北線や山手線の到着・発車シーンが丸見えです。

高輪ゲートウェイ駅


そして、ホームからは吹き抜けとなってるので、視界に青空が広がりました(晴れてる日限定?!)。
屋根の特徴的な構造も丸見えです。

高輪ゲートウェイ駅


ちなみに、隈研吾さんのスケッチとミニチュアモックアップ(スタディって言うの?)。「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」で展示されています。3/8までだった予定が、5/10まで会期延長になったのですが、このご時世、多分にもれず休館中とのことです。実物が出来上がったので、見比べてみるために、マル秘展、もう一回行ってみようかな。

高輪ゲートウェイ駅 隈研吾さんによるスケッチ・モックアップ 高輪ゲートウェイ駅 隈研吾さんによるスケッチ・モックアップ


開業記念スタンプを、と思ったのですが、その場所まで距離がありそうだったので、断念しました。次の機会に...

はたして、次の機会の時まで、記念スタンプがあるのか ?!

つながった常磐線

9年ぶりに全線運行再開となった常磐線。仙台まで(から)の直通の特急「ひたち」も走りだした。

おかえりなさい!🌸仙台行きひたち号🌸」

常磐線全線運行再開を祝う旅


上野駅に着いたら、17番線には、すでに、E657系のK14編成が入線済み。まだ、ドア扱いしてなかったけど、かなりの人手。みんな乗るのか?! と思っていたら、四季島でお世話になっている、とある方にばったり。

そして、上野駅17番線 8:00。「あゝ上野駅」が流れて、出発進行!!

常磐線全線運行再開を祝う旅


事前のお知らせで、三河島、金町、柏で、JR東日本の社員さんによるお手振りがあるとのこと。三河島はホーム上でのお手振りでした。三河島は通過駅。駅ホーム側に座っていましたが、距離が近くて、気付いた時には通り過ぎてました。写真は間に合わいませんでした。

金町駅手前では、少し離れたビルに横断幕。これがあれば、絶対気づきます。多くの方々が、手だけでなく旗も振ってらっしゃいました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


柏駅。最初の停車駅です。進行方向右側にホームがある時は、横断幕にきづきます。仙台までには左側がホームの駅もかなりあります。なかなかすべてをキャッチするのは難しい。歓迎シーンの写真がない駅は、ほぼ、左側のドアが開くです。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


土浦駅は、その左側がホーム。歓迎の様子は掴みきれませんでした。右側の窓には雨粒が。この日は、朝から雲がどんより。天気予報も雨予報でした。降り出したようです。
常磐線全線運行再開を祝う旅


偕楽園は予定通りの臨時停車です。この時期、梅はもう最盛期は過ぎてるようでした。友部付近の沿線には、まだまだ桃色の木々が見られましたが...。
常磐線全線運行再開を祝う旅


偕楽園といえば梅。いわきまでは車内販売があり、地元"のもの"として、"しゅわしゅわ木内梅酒"が車内限定デザイン缶で買えました。朝ご飯のおにぎり弁当に梅酒という取り合わせで腹ごしらえ(^○^)
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


水戸駅。どう写るかは気にせず、向こう側の窓に何か入ってればいいやと、何か横断幕や人混みが見えたらシャッターを押してみた。そしたら、緑の横断幕が写ってました!!
常磐線全線運行再開を祝う旅


続いて、勝田。右側には、たまたま、ひたちなか海浜鉄道の車両が止まってました。3つ連続で隣駅に止まると、一つ前のツイートを送信する前に、到着してしまうこともしばしば。すると、写真を撮るのが追いつきません。
常磐線全線運行再開を祝う旅


常陸多賀です。この頃は、雨が止んでました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


日立に到着する前に太平洋が広がりました。駅では駅員さんによる横断幕です。各駅ごとに、いろいろなデザインや絵がある横断幕は楽しいです。次はどんなのかなぁって期待が膨らみますね。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


磯原。ここまでの各駅、発車のタイミングが少しづつ遅れ出していました。ここで約5分遅延です。乗ってる方は、あんまり気になりませんが、沿線や駅で待ってる方には「まだかな、まだかな」という気を揉んでたかもしれません。外は寒かったでしょう。
常磐線全線運行再開を祝う旅


「磯」が名前に含まれてるということは、海が近いということ。磯原海岸、勿来海岸と海沿いを北上して泉へ。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


湯本の手前では、おそらくは非常ブレーキ。踏切安全確認とのこと。さらに遅れが拡大するのか... と思っていたら、程なく、再開しました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


いわき駅でも、駅員さんの横断幕!!
常磐線全線運行再開を祝う旅


いわき以北に特急がやってくるのは久しぶり。広野までの間、沿線でのお見送り・お手振りされる方が増えた気がしました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


そして富岡。ここから、今日運行再開となった区間に入ります。文字通り、「つながる。」「つながる常磐線」の主役です。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


夜ノ森は通過でしたが、ホームには見送りされてる方の姿が見えました。大野駅では、奥にピンク色が映える桃の木。地元の皆さんに横断幕で歓迎してもらいました。
常磐線全線運行再開を祝う旅


双葉駅。とっても多くの方がホームに。太鼓の音も車内にも届きました。地元の皆さんの期待の大きさが伝わります。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


浪江。富岡からここまでの間が、今日運行再開となった区間。こちらでも、ホームいっぱいにお見送り・お出迎えの方々 *\(^o^)/*
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


今度は、各駅に降りてみたいですね。新しく再開した区間は単線でした。隣には整備された道路と思われる区画がつながってるところがあります。車が走ってる一般道とは、雰囲気が違います。報道によると、大野双葉間はもともと複線区間。単線で整備して、非常時の避難道として使うのだそうです。

桃内。時刻表では通過駅ですが、運転停車。仙台からの上り1番列車「ひたち14号 品川行き」と交換しました。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


原ノ町。歓迎は途切れることはありません(^○^)
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


相馬。上りの1番列車の後になるので、どうだったのでしょう。左側がホームゆえ... たぶん、ここでも盛大だったと思います。
常磐線全線運行再開を祝う旅


次は終点仙台です。その仙台駅は1番線に到着。ホームでは駅員さんが総出で横断幕3つに分けての到着を歓迎。最後は、3つの横断幕が集合しての記念撮影も。
常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅 常磐線全線運行再開を祝う旅


2020/3/14 常磐線全線運行再開 上野発仙台行き特急 ひたち3号(下り直通1番列車)のおおよその運行時刻はこんな感じでした。

停車駅 定刻の着/発時刻 → 3/14の着/発時刻
上野 /800 → /800
柏 826/827 → 826/828
土浦 849/850 → 850/850
偕楽園 917/917 → 917/918
水戸 918/919 → 920/921
勝田 924/925 → 926/927
常陸多賀 936/937 → 939/939
日立 941/941 → 943/944
磯原 956/957 → 1001/1002
泉 1011/1012 → 1017/1017
湯本 1016/1017 → 1025/1026
いわき 1023/1025 → 1032/1034
広野 1042/1043 → 1052/1052
富岡 1056/1057 → 1105/1105
大野 1105/1105 → 1114/1115
双葉 1110/1110 → 1120/1121
浪江 1114/1115 → 1125/1127
原ノ町 1132/1133 → 1143/1144
相馬 1148/1148 → 1159/1200
仙台 1231/ → 1238/

上野駅13番線ホームの柵に四季島ロゴ

先月、2/11 に上野駅に行くと、13番線ホーム頭端側に工事用の囲いがありました。囲いといっても半分だけ。線路側は見通せました。すると、丸棒の柵がなくなってました。交換するのは明らかですが、どんな風になるのか...

その答えがこちら。

上野駅13番線ホーム 柵が四季島ロゴ付きに 上野駅13番線ホーム 柵が四季島ロゴ付きに 上野駅13番線ホーム 柵が四季島ロゴ付きに 上野駅13番線ホーム 柵が四季島ロゴ付きに 上野駅13番線ホーム 柵が四季島ロゴ付きに


ちなみに、2/11 の時点では、こんな感じになってました。

上野駅 13番線ホーム 工事中 上野駅 13番線ホーム 工事中


その工事が始まる前の 2/2 時点では、こうなってました。丸棒の柵です。

上野駅 13番線ホーム


Japan Rail Cafe が東京駅に

Japan Rail Cafe が東京駅八重洲口にできたというので行ってきました。

すでに、シンガポールや台湾でオープンしてまます。どちらにも行ったことはありませんが、プレスを見る限り、台湾でのロゴデザインではなく、シンガポールと同じロゴデザインを使ってるようです。運営主体がJR東日本のロゴデザインなんだと思います。

Japan Rail Cafe, Tokyo Station


もともとは訪日外国人向けです。入口には、注文方法が英語で書かれた黒板がありました。メニューが写真付きなのは日本風ですが、文字は先に英語で書かれ、サブが日本語表記になってます。

Japan Rail Cafe, Tokyo Station


カフェですが、ワッパ飯や手まり寿司もたのめます。また、酒も飲めます。今回は、抹茶ジェラートとコーヒーをいただきました。

日本を紹介する英語の本・写真集が置いてあります。自由に閲覧できます。が、"Not for Sale" というシールが貼られてます。購入はできません。棚の下には、東北6県を紹介するポストカードがあります。各県の見どころとなる場所や風景写真と説明が書かれています。ちなみに、青森県は弘前公園の桜が、福島県は花見山公園の桃源郷です。もちろん、説明は英語です。

Japan Rail Cafe, Tokyo Station


角には吊るし雛が飾られて小間がありました。日本文化体験コーナーとなっています。飲食はできませんが、イベント開催時には、ここで何かしらの体験ができるのかもしれません。

Japan Rail Cafe, Tokyo Station


隣には訪日旅行サポートのカウンターがあります。きっぷ等が買えるそうです。桜のwelcome suicaも買えるらしいです。日本在住の人も対面で買えるのかなぁ ?! ちなみに、えきねっと購入、自動券売機で発券したきっぷの払い戻しはできませんでした(みどりの窓口を案内されました)。

場所は、昔、びゅうプラザ(?)があった場所です。ギャラリー四季島やビューゴールドラウンジの横の通りを挟んだ向かい側、大丸の手前です。

Japan Rail Cafe, Tokyo Station


プレスは、

東京駅に訪日外国人のお客さま向けコミュニケーションの拠点 「JAPAN RAIL CAFE」を日本初出店します!

梅 - 小石川後楽園

飯田橋から後楽園へとプラプラと歩いていたら、小石川後楽園の園内で咲いている梅の花を見えました。ということで、園内に入ってみました。

小石川後楽園, 梅


見えた梅の花は野球場のあたり。自分の身長より高い塀の外から見たので、園内のどのあたりにあって、どう見えるのか想像できなかったりのだけど... どうも、散策路からは外れたところにあったり、物置テントの奥に見えたりで、期待外れな感じ...

入った以上は、巡ってみることにしたら、奥の方の、マップでは「梅林」と書かれところが賑やかでした!! 最盛期よりも少し早めかもしれないですが、白、淡い桃色、濃い桃色、ピンク白がまぜまぜで見えるのは、入った甲斐がありした。

小石川後楽園, 梅 小石川後楽園, 梅 小石川後楽園, 梅 小石川後楽園, 梅 小石川後楽園


園外には、後楽園のジェットコースターが走っていて、時折、歓声が上がります!!

梅だけでなく、スイセンも....

小石川後楽園