おとなびWEBパスの旅 1日目 - A350 と 花嫁のれん と のと里山里海

朝早い羽田空港。出発ゲートの隣に、ミッキーマウススクリーンデビュー90周年記念 JAL DREAM EXPRESS 90 がいました。

おとなびWEBパスの旅2019 - JAL DREAM EXPRESS 90


そして、昨日、たまたま知った事実。JAL の A350 初号機が 今日の朝 8:00 頃、羽田にやってくるらしい。こちらは、7:40 発の便に乗る予定。時間的には厳しいタイミング。ラッキーだったのは、国際線ターミナル側を望めるA席に座ってたのがラッキーでした。こちらが離陸に向けC滑走路へと移動中、運良く、B滑走路に着陸後の A350 を、その国際線ターミナル前で見ることができました。

おとなびWEBパスの旅2019 - JAL A350


幸先がいい!!

飛び立った飛行機は、小松空港へ✈
富士山もくっきりと... いい天気です。

おとなびWEBパスの旅2019 - 小松行き上空からの富士山


おとなびWEBパスはWEBでのみ購入でき、そして、8件の指定券を予約できます。発券はJR西日本のエリアでのみに限定されています。e5489の予約は、JR東日本エリアの券売機でも受け取れるのだけど、このパスは受け取れません。旅行開始日当日まで受け取ることができます。その当日に、金沢駅で受け取りました。

おとなびWEBパスの旅2019 - 金沢駅


金沢から和倉温泉へ。花嫁のれん1号に乗って、スイーツセットを頂きました。ちなみに、このスイーツ券は、びゅうプラザでも指定券と同時に買うか、指定券の発券した現券があると購入できます。おとなびWEBパスで購入した指定券の発券は、地域的な理由でムリ。びゅうプラザで入手するのは諦めました。残るは、JR西日本電話予約サービス。あっさり確保できました。さらに、こちらは、JR東日本の e5489 受け取り券売機で発券できました。

おとなびWEBパスの旅2019 - 花嫁のれん おとなびWEBパスの旅2019 - 花嫁のれん おとなびWEBパスの旅2019 - 花嫁のれん車内 おとなびWEBパスの旅2019 - スイーツセット


そして、和倉温泉と七尾を2往復。和倉温泉と穴水を1往復。のと里山里海号のカジュアルコースを1日で4回(52,53,54,55号)乗るなんて人は、まず、いないでしょう。穴水まで(から)の途中、ビュースポット3ヶ所に止まります。「深浦漁港を見下ろす」ところ、「ツインブリッヂを遠くに」眺めるところ、そして、「ぼら待ちやぐら」です。

おとなびWEBパスの旅2019 - のと里山里海号 車内 おとなびWEBパスの旅2019 - のと里山里海号 ビュースポット1(深浦漁港) おとなびWEBパスの旅2019 - のと里山里海号 ビュースポット2 おとなびWEBパスの旅2019 - のと里山里海号 ビュースポット3


さらに、能登中島駅で保存中のオユ(郵便車)の中を見学できます。この車両、全国でも2両しか残ってないそうです。そして、見学できるのはここだけらしいです。興味のある方は、ぜひ、のと鉄道に!! 乗りながら揺られながらの仕分け作業は大変そう。

おとなびWEBパスの旅2019 - 郵便車 オユ おとなびWEBパスの旅2019


そして、花嫁のれん4号で金沢に戻ります。帰りは、「日本酒とそうざいセット」をいただきました。座席も、個室1人じめ。扇絵の間です。週末ではない金曜ならでは特典かな !! 箸🥢も進むし、お酒🍶もいい具合。ちょうど、いい所要時間でした。

おとなびWEBパスの旅2019 - のと里山里海号と花嫁のれん おとなびWEBパスの旅2019 - 花嫁のれん 扇絵の間 おとなびWEBパスの旅2019 - 花嫁のれん 日本酒とそうざいセット


30年ぶりの能登半島 和倉温泉。今回は穴水まで、初めて足を踏み入れました。千枚田とか、浜を走るバスに乗るとか、輪島の朝市とか、まだまだ、行ってない場所があります。今度は来るときは、ぜひ、そちらにも行ってみたいと思います。

おとなびWEBパスの旅2019 - 和倉温泉ゆるキャラ


金沢からサンダーバードで京都へ。途中、北陸新幹線延伸工事が行われてるのがよくわかりました。小松空港に降りる時も、超俯瞰で良く見えました。

おとなびWEBパスの旅2019 - 北陸新幹線工事区間


金沢からサンダーバードに乗ってる途中から写真がありません🤭 暗いので。湖西線で、先行列車の影響で徐行箇所があり、京都に3分遅れで到着でした。

おとなびWEBパスは、東海道新幹線には乗れません。このまま、新大阪まで行くと新幹線への乗り換え7分。京都で乗り換えると16分の余裕があります。3分遅れということは、新大阪での7分は4分になってしまいます。ギリギリです。これに乗らない新見にたどり着けないと言うこともあり、京都で乗り換えることにしました(実際は、京都→新大阪 東海道新幹線 自由席+乗車券を買ってました)。

そんなわけで焦ったということでもないのですが、京都駅での乗り換えで、上り階段でバランスし、コケました。ひざを、階段の角に強打しました。痛い😰

まぁ、歩けましたので、そのまま、新幹線ホームに上がりました。が、入線時、写真撮ろうという気にはなれず。道中も車窓は真っ暗だし、撮るネタなしです。

新大阪で、自由席から指定席に移動。3分停車の間に、3号車から12号車に移動。途中、3両のG車があるので、車内通り抜けは避けたかった。でも、やはり遠い。G車をやり過ごした10号車までで時間切れ。近くの扉から入って12号車の指定された席に向かいました。

新幹線を岡山で降り、伯備線の新見行き最終列車に乗ります。この列車、倉敷までは山陽線を走ります。混雑半端ありませんでした。倉敷まで辛抱だと思って、立つことにしました。倉敷で、どっと降りていったので、予想通り、座席をありつけました。

新見 23:58 到着。

ホテルに入る時には0:00を回ってました。
明日の朝も、早起きです。

(乗り鉄記録)
羽田空港→小松空港 JAL183 B767-300(JA8976)
小松空港→金沢 バス
金沢→和倉温泉 IRいしかわ鉄道・七尾線 キハ48-4(2) 花嫁のれん1号(8011D)
和倉温泉→七尾 NT301(2) 七尾線 のと里山里海52号(6052D)
七尾→穴水 七尾線・のと鉄道 NT301(2) のと里山里海53号(6053D)
穴水→七尾 NT301 のと鉄道・七尾線 のと里山里海54号(604D)
七尾→和倉温泉 七尾線 NT301 のと里山里海55号(605D)
和倉温泉→金沢 七尾線・IRいしかわ鉄道 花嫁のれん4号(8014D)
金沢→京都 北陸線 クハ682-2712(10) サンダーバード44号(4044M)
京都→岡山 東海道・山陽新幹線 786-1507(3)+786-1607(12) のぞみ59号(59A) G7
岡山→新見 山陽線・伯備線 クモハ115-1503(1) 867M

今日のトランスイート四季島 - 紫陽花の季節

6月というと、梅雨の時期。奇しくも、一週目に関東地方も梅雨入りしました。6月のイメージは雨、そして、雨の季節に馴染むのがアジサイです。カレンダーのネタにするにちょうどいい場所が、飛鳥山公園の飛鳥の小径(紫陽花の道)です。

ちょうど、いい具合に咲いてました!!

四季島が大宮を通過する頃には、紫陽花と絡められる場所に、すでに、先客が1名。すると、雨脚が強くなってきました。それでも、四季島が通過する直前には、5人くらいになりました。

アジサイとトランスイート四季島 アジサイとトランスイート四季島


* * * *

紫陽花だけなら、沢山の人が来ていて、小径は大混雑。モデルさんとカメラマンさんの関係で撮影してる場所あれば、ご家族で来てたり ...

アジサイ アジサイ アジサイ アジサイ


四季島が通過する2時間前。公園内をぷらぷらしてたら、新幹線の高架の先に線路が延びてるのを発見。場所からして、都電でしょう !?

そこで、新幹線と都電の両方を写してみることにチャレンジ。都電は、踏切の警報機の赤い灯が点滅するところも見えます。これで、いつ来るかがわかります。一方、新幹線の方は音が頼り。在来線も並行して走ってるので、その音も混じって聞こえてきます。そんなこんなで、約1時間、粘りました。なんとか、タイミングがよかった2枚が収穫でした。

都電と新幹線 都電と新幹線


リベンジしたい!!


今日のトランスイート四季島 - ギャラリー四季島 定期訪問

上野駅の14番線ホームから。

新たな旅立ちの13.5番線の搭乗口付近を進入してくる四季島をアップで。

そして、9:15 定刻に発車しました。
Aさんは、元気に大きく手を振って旅立ちを祝福しました。最後部の展望車にいた方に思いは届いていたと思います。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


その後、大宮へ。乗ったのは高崎線籠原行き。さいたま新都心に到着する直前に、不吉なチャイムが鳴りました。「高崎線運転見合わせ」。まさかの、さいたま新都心で抑止か ... とよぎりましたが、なんとか、大宮まで走ってくれました。

大宮駅では最後部でお見送り。いつも、誰が車掌さんと写真を撮ってるのですが、今日は、遠巻きに見てる方ばかり。そんな中、お邪魔しました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


(A(O(K-))+MTaK(F-Tr))
段々と複雑になってきた...

* * * *

大宮でのお見送りの後、東京駅に折り返しです。ギャラリー四季島へ(予約しての)定期訪問です。

6月の声を聞いたので、そろそろ、来年の春~秋コースの募集が近いかもしれないと、勝手に思い込んでましたが...

GALERIE 四季島 GALERIE 四季島 GALERIE 四季島 GALERIE 四季島 GALERIE 四季島


もう少し、待つことにしましょう!!

今日のトランスイート四季島 - また乗りたくなる列車

朝、予定してた列車に乗れず、1本後ろの列車に乗らざるをえず、そうしたら、猪苗代には間に合わなくなりました^_^;;

郡山で待つ選択肢もありましたが、安子ケ島-喜久田間、磐梯熱海、中山宿、上戸のどこかにしようと思案しましたが、結局、安子ケ島で降りることにしました。まぁ、場所探しの時間が取れるというのが1番の理由。でしたが、ワイド過ぎたかな。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


この後、郡山に戻ります。到着の際、四季島が発車して行くのが見えました。

なすのに乗り換えます。いつも、黒川鉄橋を走る四季島を新幹線の中から... と想像してるのですが、今日は、なんと、新白河到着する直前に、東北線を上ってくる縦2筋のヘッドライトが見えたのでした。いつものように、新白河を出てから気合を入れるつもりでいたので、カメラを向けた時には、時すでに遅し、四季島は視界から消えてしまいました。

また、新白河を発車すると、遠ざかる四季島の後ろ姿を確認できました。もちろん、狙ってたのですが、ピントが合わずにボツ写真となりました^_^;;

那須塩原でなすのから東北線普通列車に乗り換えて黒磯へ。黒磯を四季島が発車する3分前に到着しました。速攻で、1番線から4番線に向います。ダイニングでお食事中。四季島の取り持つ縁で知り合ったKさんは、ホーム側のテーブルにいらっしゃいました。窓越しにご挨拶。車内から車外の人と絡めた写真を撮るとか... 普通は、なかなかないよ!!

黒磯からは、続行する普通列車で宇都宮へ。宇都宮到着の際、四季島がホームを離れていくところも見えました。

あとは、ラストスパート。上野に先回りするだけ。大宮で降りて上野東京ラインで上野駅へ。

四季島到着は16:53ですが、1分くらい早めになったみたいです。静かに到着しました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


そして、その上野駅でも、サプライズあり。非番の車掌さん2名に元GMが登場!! Kさん、とっても感激してらっしゃいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


乗って楽しく、降りてからも、また乗りたくなっちゃうくらいの感動が味わえますよ!!

(乗り鉄記録)
◎ 品川→東京 東海道線 モハE230-3512(2) 1840E U512
◎ 東京→郡山 東北新幹線 E629-18(16) なすの255号(255B) U38+Z18
◎ 郡山→安子ケ島 クハE720-13(1) 磐越西線 1127M P-13
◎ 安子ケ島1257→郡山1311 磐越西線 クハE720-15(1) 1230M P-15
◎ 郡山→那須塩原 東北新幹線 E526-323(6) なすの276(276B) U23
◎ 那須塩原→黒磯 東北本線 クハ209-607(4) 655M Y-7
◎ 黒磯→宇都宮 東北本線 クハ209-607(4) 656M Y-7
◎ 宇都宮→大宮 東北新幹線 E526-429(8) やまびこ48(48B) U29
◎ 大宮→上野 東北本線 サハE231-6016(6) 1893E U516
◎ 上野→品川 上野東京ライン・東海道線 モハE232-3002(6) 1587E E-02

今日のトランスイート四季島 - 塩山・勝沼 お散歩コース

6月の深遊探訪は、四季島つながりで知り合った方が乗られる(Kさん)ということで、久々に上野から塩山に先回り、そして、お出迎えとお見送りをしてきました。

上野駅入線シーンは、シャッタースピードが遅くなってて、ズームを回したら、いい具合に撮れました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


今日の上野駅の見送り隊は、いつもよりも多め。四季島を通じて知り合った方々が自然と集まりました。縁ですね。そういうところが、たまらなく良いですね~。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


発車を見送ったあと、上野→東京→新宿→甲府→塩山と移動。塩山には、四季島到着1分前に到着しました。定刻通り。ホームを移り、四季島ゲートの前で到着を待ちます。四季島も定刻通りに到着しました。久しぶりに、塩山駅前の太鼓による歓迎を見ました(1ヶ月ぶりにバスの見送りだったこともあり...)。雲が多目で、また、霞がかかっていたので、バスの中の富士山で我慢です^_^;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


おなじみのお店で、ご飯(そば)をいただきました。その時に、普段は見られない四季島バス3台を激写 ^_^;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


勝沼ぶどう郷に行ってからのお散歩。

勝沼氏館跡 橋


そしたら、ここに出た。

御一行様はまだ到着されてないようなので、しばし、シャトー・メルシャンのベンチで待つことにしました(待ち伏せ!?)。奥の方からやってきました。が、木々の間から手を振られました。気づかれるの早ッ😃

宮光園 - TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 シャトー・メルシャン - TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


みなさんが宮光園に入るのを見守ってから、散歩を続けます。この時期は、軒先きに、あるいは、葡萄畑の端に、色とりどりの花が咲いています。花の名前はわからないけれど...

塩山・勝沼 お散歩


しばらく歩くと、こちらにたどり着きました。

ルミエール - TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 ルミエール - TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


赤と白を試飲してから、外に出ると、ちょうど、皆さん、ご到着でした。

ここでも、みなさんがワイナリー見学に入ったのを見てから、勝沼ぶどう郷駅まで戻ります。約3時間のお散歩コースが出来上がりました!! 塩山のハイキングコースもあるし、時間の過ごし方としてのレパートリーが増えた... かな !?

勝沼ぶどう郷から塩山に戻ると、すでに、みなさん到着済みでした。順調にバスが到着したそうです。すでに、みなさん、お部屋に戻られてました。これは、予想が外れました。ほぼ、同じくらいに到着なのかな~と思ってました^_^;;

駅長と子供駅長のバンドベルが振り鳴らされるのを聞きながら、発車を見送りました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


(B(F)+TrShiSa)

乗り鉄記録
◎ 上野→東京 上野東京ライン サハE530-2014(6) 1150M K414
◎ 東京→新宿 中央線 クハE233-17(1) 923T T17
◎ 新宿→甲府 モハE353-2003(7)(7-1D)あずさ9号(9M) S103
◎ 甲府→塩山 モハE353-15(10)(10-17A) かいじ8号(3108M) S115
◎ 塩山→勝沼ぶどう郷 中央線 モハ211-2(4) 436M N601
◎ 勝沼ぶどう郷→塩山 中央線 モハ210-2025(3) 539M N613
◎ 塩山→立川 サハ214-6(6) ビューやまなし(9592M) NL3
◎ 立川→武蔵小杉 南武線 クハE232-8007(6) 1834F N7

今日のトランスイート四季島 - 麦色の輝き

東北本線の野木-古河間で見つけた麦田。

これだけ、小麦色(より、少し白い)になってるので刈り取りも始まってました。最初に、ここに来た時は、コンバインはなかったのですが、腹ごしられるしてる間に、やって来たようです。右に左に動いてました。それもありか... と思ってたら、四季島が通過する前に、「今日はここまで」って感じて、引き上げて行ってしまいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


この後、古河まで歩き ─ 途中、後ろからタクシーが1台通り過ぎてしまいました^_^;; 上野へ向かいます。乗った電車の上野到着は、四季島が尾久に引き上げてしまった後になる予定。その上、浦和で5分少々足止めを食らう。なんでも、東海道線内で線路安全確認という。

この5分がラッキーでした。尾久に向かって引き上げる四季島とすれ違いました。定刻だと、地平ホームから上がってくるところがチラッと見える程度がいいところだったでしょう。

* * * *

四季島が通過する前に、「なつかしの新特急なすの」が通過して行きました。最後部の HM が写ってたのは、たまたま....

185系 なつかしの新特急なすの 185系 なつかしの新特急なすの


でも、これ、ホントに麦田だよね ?!

今日のトランスイート四季島 - 真夏日の大宮・塩山

夕方の塩山駅。
ダイニングカーの横に立てば、食欲をそそる、とっても美味しそうな空気に包まれます。各テーブルとも、これから始まるディナーの準備も万端。その1つのテーブルには、ワイングラスが三角形をなすように整列していました。オシャレ!!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


* * * *

上野駅発車を見送ってると、何部屋か空いているようでした。それで、ディナーのテーブルの一角がオシャレに飾られていたのかもしれません。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


上野から大宮へ。先週は1本乗り遅れたので、今日は、余裕を持って乗り換えました。大宮に着くと、お隣に四季島が止まってます。大宮では、鉄道ふれあいフェアが開催されてました。それもあってか、大宮駅7番線ホームは普段より賑わってました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


四季島が塩山に向けて発車していった後、鉄道ふれあいフェアの会場の1つ大宮総合車両センターに立ち寄り、

ふれあい鉄道フェア at 大宮 ふれあい鉄道フェア at 大宮 ふれあい鉄道フェア at 大宮 ふれあい鉄道フェア at 大宮


さらに、鉄道博物館へ歩いて移動。駅弁を食べだけ... あと、スタンプラリーのスタンプはゲットした。年パスなので気軽に来れます(^.^)

いろいろと確認したら、大宮から埼京線→新宿→中央特快→高尾→長野行き普通電車に乗れば、塩山には 15:22 に着くらしい。

ただ、まだ5月というのに真夏日。大宮総合車両センターも炎天下、建屋の中も暑い空気がまとわりつく感じでした。山梨も、間違いなく暑いiモード💦というのは想像にたやすいわけですが、四季島の入線まで約40分。自販機のアイスを食べ、待合室で涼みながら、時を過ごしました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


四季島の入線後は、いつものお見送り。さすがに、この暑さです。また、明日も、福島37℃の予報です。下車観光を案内するのクルーの皆さんは、早めの衣替えとなったようです。

定刻の16:37に姨捨に向けて発車して行きました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


(C+MFS)