今日のトランスイート四季島 - 絶景 日本海

今日の日本海は素晴らしい景色の一言に尽きます。こんな日が、試運転だとは、もったいない。それくらい、絶景でした。かなり空気が澄んでいたようです。これは羽越線からの粟島ですが、上越新幹線から弥彦山の奥に佐渡も見えました。

日本海

* * * *

トランスイート四季島 夏の特別コース 試運転 追っかけ旅 2日目。

雨模様の東京から「Maxとき」に乗って新潟へ。

E4系新幹線


長いトンネルを抜けると天気は一転。地面は濡れてません。長岡では青空も見える天気でした。

四季島追っかけ旅 四季島追っかけ旅 弥彦山


新潟に9:02到着。

四季島の夏の特別コースは、新津6:30頃着、村上11:20頃発という募集案内の情報だけが拠り所。それを元に推測したのが「きらきらうえつ」と「いなほ3号」の間ぬって走ることになりそうということ。ならば、新潟から「きらきらうえつ」に... 乗れるとよかったのですが、今日の今日まで、ずっとずっと × 印。おそらく、もう、1ヶ月前に取れなければ、乗るのはムリですね。8月の1回目の本運行時は、すでに満席になってます。ムリ^_^;;

なので、1つ前の普通電車(9:45発)で村上に向かいました。村上に着く(10:54)と、すでに、四季島バス到着済み。駅前はごった返してました。ホームには、これから来る「きらきらうえつ」を写真に収めようという方もいて、まぁ、当然のごとく、四季島到着までは居残りますね。そんなこんなで、四季島が発車するまでの間は、大いに賑わいました。本運行時には、さらに賑わうことでしょう!!!

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 きらきらうえつ TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


四季島が村上を出た後、続行の「いなほ3号」に乗ります。予想通り、「きらきらうえつ」と「いなほ3号」の合間を走ったのですが、その後は、予想を外しました。鶴岡で止まるかなぁと思ってましたが、聞けば、通過すると... あつみ温泉は止まるとのこと。後追いするクルーの方も、あつみ温泉まで「いなほ3号」に乗るというので、鶴岡まで行かずにあつみ温泉で発車を見送りました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


鶴岡停車を予想したルートを変更して来た道を戻って帰京することにしました。

* * * *

村上からあつみ温泉までの間、ジョイント音を聞きながら日本海の車窓を堪能しました。これは、本運転までとっておけるなら、とっておきたい絶景です。

絶景 日本海 ジョイント音を聞きながら
(動画)
絶景 日本海 ジョイント音を聞きながら
(動画)
絶景 日本海 ジョイント音を聞きながら
(動画)


(乗り鉄記録)
◉ 東京→新潟 上越新幹線 E453-126(1) Maxとき303号(303C) P82
◉ 新潟→村上 白新線・羽越本線 クモハE129-106(1) 929M A6
◉ 村上→あつみ温泉 羽越本線 E652-1009(6) いなほ3号(2003M) U-105
◉ あつみ温泉→新潟 モハE652-1003(6) いなほ8号(2008M) U-102
◉ 新潟→東京 上越新幹線 E226-1405(8) 13-A とき328号(328C) J55

今日のトランスイート四季島 - ツアーではないけど走る

大宮駅到着シーンを撮ったことがなかったので、こういう日にチャレンジしてみた。まぁまぁかな...
TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

* * * *

こういう日というのは、ツアー催行日ではないのに四季島が走る日。いわゆる、試運転の日です。

上野駅入線は、いつもの土曜日と同じ8:15。ということは 発車は 9:15 のはず。大宮に先回りしたので、発車シーンは見てませんが、大宮到着・発車もいつもの時刻だったので、ほぼ、間違いないでしょう。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


ということは、塩山まではいつもの通りだとして、問題はそのあとの行程がどうなるのか。それによっては、追っかける行程も変えることもありうるわけで。いちおう、立ち寄り観光の下車駅や乗車駅は、四季島サイトの旅のご紹介のページに載ってますし、募集の時のパンフレットには、おおよその時刻が書かれてたので、それらを基に想像をしました。

1泊2日コースの時は、大宮に寄り道すると、塩山の到着には間に合いませんが、(8/3のコースを想定すると)最初の立ち寄り観光地は上諏訪。大宮から新宿に出て、あずさ11号に乗って茅野へ。そして、後続の普通に乗れば上諏訪に先回りできます。ちなみに、あずさ11号は、甲府の先のとある駅で四季島を追い抜きます!! これを踏まえると、もっと安くあげられて先回りできるかも...

上諏訪駅


上諏訪到着を勝手に出迎えました。作家の原田泰治さんもお出迎えに一役買ってらっしゃいました。また、このタイミングならだと思いますが、ほんの数分の停車時間の間にラウンジカーを見学されてました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


その原田泰治さんの美術館に乗客の皆さんは向かいます。当然ながら、ツアーの方はバス移動ですが、自分は勝手に追っかけてる身ですので、そこは徒歩で移動しました。30分も歩けばたどり着けます。諏訪湖を眺めながら湖畔のジョギングロードを行けば(歩け)ば、ぜんぜん苦になりません。

諏訪湖 諏訪湖湖畔, アジサイ 諏訪湖


今日は、貸切ではなかった(8/3は、どうなるかは不明です)ので、入場料を払って見学しました。日本各地の、のどかな風景を描写した作品が並んでます。タイトル、解説文には地名も入ってます。これを眺めてると、四季島はもとより、いろいろな観光列車で訪れる各地を巡ってるような気分になってきます。電車・列車が描かれた風景も多数あります。とても、いい時間を過ごせます。

原田泰治美術館


当然ながら、作品は撮影できません。が、展示されてる作品の一部は、原田泰治公式ウェブサイトのGalleryに掲載されてます。興味のある方は、どうぞ。季節毎にいくつか載ってます。

原田泰治美術館で、バスの発車を見送りました。乗客の皆さんは、この後、おそらく、諏訪大社に寄ってから塩尻に向かい、そこから四季島に乗り込むことになっています。そして、次の観光地でえる姨捨へ向かいます。ただ、塩尻を出る時間は、夜景の姨捨を見るには、少しばかり早いようです。ディナータイムもあります。どのようなコースを取るのか、とても興味があります。

と、本日は、ここまで。一旦、帰京します。

(乗り鉄記録)
◉ 上野→大宮 東北線 モハE231-1519(3) 1840M U519
◉ 大宮→新宿 湘南新宿ライン モハE231-1564(3) 2833Y K-23
◉ 新宿→茅野 中央線 クハE353-11(4) あずさ11号(11M) S111
◉ 茅野→上諏訪 中央線 モハ210-2008(5) 437M N607
◉ 上諏訪→立川 中央線 あずさ24号(24M) クハE352-13(12) S113

今日のトランスイート四季島 - けっきょく、蒲須坂

明日から7月になります。
七夕🎋飾りが、どこか線路際🛤にないかなぁ...

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


普通電車で東北線を北上。宇都宮行きに乗り、終点まで来てもみつからず。接続する黒磯行きに乗り換え、さらに北上しました。

終点の黒磯まで行ってしまうと、四季島はすでに発車してしまってます。途中、すれ違う前で、駅からの移動時間も含めて考えると、まぁ、蒲須坂あたりが北上の限界かなぁ ... ということで、その蒲須坂で降りました。七夕🎋飾りとのコラボ写真はあきらめました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島
TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


その後、上野駅に戻ります。四季島到着を14番線で出迎えしました。定刻に到着しました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


* * * *

蒲須坂駅は、この4月から、終日駅員さんが不在となったそうです。改札の窓口も自動券売機があったところもシャッターが降りてました。いわゆる、無人駅となってしまったようです。

今日のトランスイート四季島 - 四季島が縁で繋がった方が乗車中!!

今日の深遊探訪には、四季島が縁で知り合った方が乗ってます。あいにくの天気ですが、楽しい旅になってほしいなぁと思ってます。

上野駅での入線から、大宮駅発車までを追っかけました。そのムービー(一部はスライドショー)を(ナレーションなしです^_^;)。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島
(動画)

乗車時の14番線からのお見送り、なかなか、こちらの思惑通りにはいきません。やはり、ラウンジカー前が、1番気づいてもらえるポイントかな。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島

今日のトランスイート四季島 - ラストラン シーズン第2章

ラストラン 第2章。車掌の Ta さん。3泊4日コースがラスト乗務とお聞きして、木曜日ですが上野駅にやってきました。久しぶりの平日の到着のお出迎えです。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


平日というのに多くの皆さんが、いまか、いまかと、四季島の到着を待ちかまえてました。今日乗っていない車掌さんも集合。第1章の To さんもいらっしゃいました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


さらに、各地の見送り隊の皆さん、今日乗っていないカメラマンの K さん、GM前任の M さん、そして、ピアニストの M さんまで。人数で言えば、週末よりも多かったかもしれませんね。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


ラストランのTaさんに一言だけでも... そんな思いが皆さんにあり、そうさせたのもしれません。

* * * *

第2章は、Ta さんだけではありません。これまで、ずっと、縁の下で支えられていた M さんも今日がラストでした。冬のコースの試運転の時、直前まで川部-北常盤間で写真を撮った直後、そして、川部駅を今、まさに出発しようかというキハに滑り込んだときに、車内でバッタリ。また、夏の旬コースでは、大湊駅前で鉢合わせ。さらに、立ち寄り観光地である北の防人大湊 安渡館でも。

試運転とは言え、あちこちとお邪魔しました。
なのに、いつも、写真を撮り忘れ、今日も忘れてしまいました ^_^;;;

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


皆さま、お元気で。そして、新天地でのご活躍をお祈りします。ごとぞてお会いした時には、よろしくお願いします。

今日のトランスイート四季島 - ラストラン シーズン第1章(2)

昨日、上野駅で撮った一枚をフォトフレームに収め、さらに、運行開始から2年ちょっとの間に撮りためた中から、Toさんの写ってる写真を集めてアルバムにしました。写真は、見送り隊の一部の方にも提供いただきました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


去年、今頃は、初便の時に、もう1人の車掌として乗務していたHさんが卒業したのでした。昨日は大宮、今日は上野に来られた K さんも、去年のご卒業でした。世代交代とは言え、2年続けて、最初からお世話になった方々が卒業となるのは、やはり、さみしいですね。

上野駅到着前に、ラストランを聞きつけた出迎え隊の皆さんが集まりました。昨年卒業された K さん、そして、最近卒業された M さんも来られました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


用意したフォトフレームとアルバムは、ツアー参加者が帰られた後にお渡ししました。

今日のトランスイート四季島 - ラストランシーズン 第1章

上野駅でいつものお見送り。そして、いつもの入線。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


ですが、ちょっと、気分はいつもと違います。
発車前に、あっけらかんと、今日明日が最後です...と言われましたが、気丈に振る舞っていたのか、それとも、まだ、実感がなかったのか。こちらも、まだ、あんまり、実感がないのだけど、今日は、その車掌さんに注目して写真を撮ってました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


上野駅で発車をお見送り、大宮に向かいます。

宇都宮線はダイヤ乱れ(運転見合せ)がありましたが、籠原行きに乗ったので大丈夫のはず... だったのに。

さいたま新都心でドアが閉まっても発車しません。前方の信号機🚦が赤🔴のままです。ドアが、あらためて開きました。先に進めなくなりました。どうも、大宮駅のホームが満線とのこと。じきに、発車しますとの案内があり、信号機は黄色に変わってました。

さて、乗って大宮に行くか、ここ、さいたま新都心でで待つか。時間は9:50過ぎ。たぶん、このまま、乗って行くと、大宮に着いた頃に、四季島は発車してしまうと想像。さいたま新都心駅のホームで待つことにしました。

後発のリゾートやまどりが下っていきます。通過中に、四季島と被るのか...と思いましたが、四季島が後から目の前を通過して行きました。

TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島 TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA, 四季島


ただ、後から、大宮駅にはなつかしい方がいらっしゃっていたと知り、大宮に行けばよかったと思いました。さいたま新都心で見合わると聞いて、すぐに、京浜東北線で大宮まで行けば、発車に間に合ったかもしれない。こんなことを、後から気付くとか、まだまだ、修行が足りませんね^_^;;

(B(F)+ToBTn)