テーマ:旅行

今日のトランスイート四季島 - 「行くぜ、東北」で八甲田山と四季島

大人の休日俱楽部パスを使って「行くぜ!、東北」。背に岩木山が座してますが、あえて、ここは(たぶん)八甲田山とトランスイート四季島を。 (動画) * * * * 前日からの大休パスを、今日からに変えて、はやぶさ9号→つがる4号と乗り継ぎ、弘前にやってきました。着いたのは 13:20 頃。 つがる号の道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - ヒヤヒヤしました

高尾駅を通過する四季島です。 * * * * 上野駅入線を見守るいつものシーン。 しかし、しかし です(時計を見て) さらに、こんな感じになってしまいました(発車時刻の表示が...)。 結局、26分遅れの 9:41 に出発しました。 * * * * 今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - 快晴の福島、曇天の関東

昨日の追っかけの続きを。 東京から東北新幹線で郡山へ、そして、磐越西線へ。最近は、磐梯熱海で降りることが多かったのですが、今日は、その1つ先の中山宿へ。ここには、旧中山宿駅跡から四季島を撮ろうとやってきました。中山宿から見える山々は、紅葉🍁が輝いてました。 (動画) 通過の時には、何人かの方には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - 3人もの知人をお見送りしました

今日のトランスイート四季島には、なんと、3人もの知人が乗るという、稀に見るツアー!! いつもの週末のように上野駅でお見送り、からの、→八王子→塩山→宮光園→ルミエール→塩山と、少しだけデープに追っかけました。お昼の塩山駅到着後の歓迎、今日は何かなぁ... と、楽しみにしてたのですが。ワインまつりの季節でした。引き手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - またまた山の上から

今日の四季島は、磐梯熱海-中山宿間の山の中から。ここは、2度目でした。前回よりも高いところまで登りましたが、結局は、前回と似たようなところからになりました。 事前に乗ってる Sさんに、どの辺にいるかをお知らせしたのでが、残念ながら、見つけられなかったそうです^_^;) この場所は、磐梯熱海駅に着いて、山を見ると色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - 2度目乗車の見送り隊Sさんを外から追った

今日は見送り隊の1人Sさんが乗る日。その方は 2度目ですが、なんと、3度目の方もいらっしゃるらしいです(驚愕😵)。 今日も、少しだけ、先回りしました。塩山に先回りするには、今のこころ、これしかありません。上野→東京→新宿(八王子)→<スーパーあずさ11号>→甲府→<かいじ108号&g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏の18きっぷ 5回目の旅

この夏の18きっぷ、ラストの旅。今期、はじめて、ワープなしで行って帰ってきました。行ったころは、ここです。 今度、ここから狙ってみようと思うのだけど、ここだと、上野発も塩山着のどっちもパスせざるを得ないのがなー...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - お出迎え 叶わず

鶴岡の朝。4:30 目覚まし⏰が鳴り、起きてみると、外からは雨音が聞こえてました。それも、地面や屋根を打ち付ける音だったので、天気予報が当たったようです。 いつもなら 5:20頃に四季島が到着する(去年の5月4日は5:18だった)。そして、駅が開く時間が5:20でした。バスが駅前にいません !! 4時間前にツイー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のトランスイート四季島 - たまたま、入ったお店が !!

鶴岡にて!!! たまたま、入ったパスタ屋さん。farinamore(ファリナモーレ)。メニューに"奥田政行×..."とあり、"あるけっ茶"とかも見えます。奥田さんといえば四季島だよなぁ... と思い、ここは、奥田さんの名前があった"水酒蘭"のグラスを頼みました。 店員さんに「奥田さんて、四季島の ですよね」と言ったら、ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐梯山温泉 2泊3日の旅(2)

朝の5:00からの茶散歩から、長~い1日が始まりました。残念ながら、磐梯山は雲が覆ってます。猪苗代湖も雲の向こう側。幸い、雨は降ってない。散歩は、ホテル前のメローウッドゴルフコースの17番ホール、16番ホール、そして8番ホールの外周を一回りします。バンカーには、さまざまな小動物の足跡🐾👣が。痕跡だけで、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐梯山温泉 2泊3日の旅(1)

今日から夏休みということで、避暑になることを期待して、旅行に出ました。行き先は、磐梯山温泉ホテル。星野リゾートの冠付きのホテルです。JTB のオンラインで予約しました。この時期なので、多くの方がいらしてました。 初日は、会津若松を ぶらり と過ごします。まちなか周遊バスで、会津武家屋敷→御薬園→田季野→鶴ヶ城と回りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香嵐渓 紅葉真っ盛りでした。

ツアー2日目は、名古屋からバスに乗り香嵐渓へ。前日の案内の通り、朝7:50に出発でした。渋滞に被らず到着しました。約3時間の紅葉狩りでした。 バスで豊橋に戻り「こだま」で帰京となりました。行きはABで座ったけど、帰りはC席前後になりました。別に構わないけど、AB席で寝るのならC席でもいいんじゃないって気もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRAIN SUITE 四季島 乗車報告会、お待ちしています。

お試しで、 「TRAIN SUITE 四季島 乗車報告会」 をやってみようと思い立ってから2ヶ月。 最低限の準備ができたので、ホントにやってしまおう。 乗った人、乗りたい人、興味ある人、お待ちしています。 10/7(土)~10/9(月)は三連休。 鉄道イベント目白押しという中での強行は、 もはや、無謀ではあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

来春のTRAIN SUITE 四季島の申込み書が届いた

四季島のロゴが入った大きなの封筒。 来春の1泊2日コースの申込み書。 なには、ともあれ、 申込み金を期限までに払い込んでおかなければ。 申込み金は、ツアー代金の20%。 1番列車の時ほどではないけども、 違うタイプの部屋なので、それなりの額です !!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRAIN SUITE 四季島 2018/4~6月分 抽選結果 到着しました

昼間、ツイートを見てたら、結果の通知が届き始めてることを知り、今日・明日あたりに届いてるのかなぁと思ってたら届いてました。 郵便ポストにあった、見覚えのある封筒がありました。 第1期の当選のときに、サイズは大きくない(A4ではない)ことはわかってたので、外見えで当落は判断できません。 落選通知は折り畳みなしの1枚らしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランスイート四季島 来年夏(7~9月)分の申込み受付が始まりました

2018年7月~9月出発分のトランスイート四季島の申込みが始まりました。 設定は、3泊4日コースと1泊2日コースの2つ。どちらも、今年の同時期と同じルートです。 今回も、日にちを指定して申し込むには、1泊2日コースか、3泊4日コースのどちらかを決めて、その中で第1希望から第3希望の日程を指定するしかありません。1泊2日コース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンダくろしお

前日の京都鉄道博物館に行くことが目的の旅でしたが、そのまま、東京に戻ってくるのも勿体ないので、「パンダくろしお」と「323系」を見物することに。 前日、夜に京都到着の「くろしお30号」が、パンダラッピングの287系ということらしいので、今日の朝、京都始発の「くろしお3号」が、もしや… という予感で、天王寺までの指定券を用意してまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しさを求めて上高地へ(2)

今日は、雨が降ってなかったので、お宿のイベント「朝の散策」に参加しました。6:30から8:00まで、最近、熊が目撃されたという田代池までの往復。晴れ間がのぞいていて、朝露、朝靄も…。 お宿に戻って朝食をとり、宿をチェックアウト。その後、天気もまずまずだったので、大正池へ。 大正池から河童橋へ戻る途中、サル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼しさを求めて上高地へ(1)

この時期、涼しいところへ行きたいというので、標高の高いところかなぁ…で、選ばれたのが上高地。宿が1泊しか空いてない。その1泊2日の上高地です。山登り、キャンプはなしです。 東京も晴れない日が続いてましたが、初日は、それを引きずるかのような天気でした。松本は晴れてましたが、上に上がってくると、雲の中、雲のすぐ下という状態で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季島の行程表が届きました

四季島のロゴの入った、大きめのお届け物が来てました。 なんか、瑞風色に四季島のロゴって感じもしなくもない。 そろそろ、ツアーの行程表がくる頃かなぁと思ってはいたものの、これほどの大きさで、嵩もあったので、なんだろうと思って開けてみると、なるほど、これだから、この大きさなんだってことがわかりました。 この箱の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

中伊豆 満喫コース(日帰り)

スーパービュー踊り子1号で伊東へ向かい、伊東からはバスツアーコースに参加し、伊東からスーパービュー踊り子踊り子10号で戻ってくる日帰りの旅。 SV踊り子号(251系)に初乗りのオマケ付き。 でも、終日、雨模様のあいにくの天気。 バスは、伊東駅→①中伊豆ワイナリー シャトーT.S→②伊豆の国パノラマパーク→③韮山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道へ(3) - 大沼・小沼・駒ケ岳

3日目、最終日。 朝から雲がどんより。足元はシャーベット状。夜中に雨か雪が降ったみたいだ。 苫小牧から281系の「スーパー北斗2号」で南下。雲間から朝日が昇っているのが見え隠れ。昨日は海越しに見えた駒ケ岳も、今日はまったく見えず。ただ、日が差してる時は、虹が架かってるのが見えた。 雲が晴れなければ函館まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道へ(2) - 増毛駅へ

北海道行きの2日目。今日の行き先は、ここ。 人生2度目の増毛。ちょっと振り返ってみたら、どうも5年ぶりらしい。 留萌本線の留萌-増毛間の廃止を聞いて、もう一度行ってみようかと思いったのが約1ヶ月前。廃止当日に乗り込む勇気はなく、1週間前を選んだ。 * * * 青森から奥羽線の初発の普通電車で新青森へ、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道へ(1)

大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)を使って、北海道を目指すことにした。 東京発19:20 はやぶさ29号 新函館北斗行きに乗る。 東京・上野・大宮で、ほぼ満席。仙台でどっと降りて、隣の席は空席となった。盛岡、八戸と、降りる人がぽつぽつといて、新青森でもそれなりにまとまって降りる人がいた。 自分も、北海道に渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し早めの紅葉を愛でに京都へ(3)

京都3日目は醍醐寺から京都鉄道博物館へ。 醍醐寺を選んだのは、色づき始めのもみじマーク🍁が2つになってたから。アクセスは、京都駅八条口、ホテル京阪の前のバス乗り場から京阪バス。この辺り、工事中で八条口から、どう行くのが早いのか… 悩む。 昨日登った稲荷山をトンネルで超えて醍醐寺へ。醍醐寺は初めて。思ってた以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し早めの紅葉を愛でに京都へ(2)

京都2日目は、嵯峨野・嵐山あたりを散策へ。 嵐山といえば「渡月橋」。土曜日の朝9:30、まだ、観光バスが来る前ということもあってか、人混みはまだまだ。JR嵯峨嵐山駅からサクサクと歩ける。 渡月橋の後ろ山の紅葉は、まだまだ早い。 [渡月橋] 天龍寺に着く頃から、徐々に人が増えてきた。ここの庭園は、2016年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し早めの紅葉を愛でに京都へ(1)

今日は休みをもらって京都へ。紅葉の時期には、まだまだ早く、ピークを外してみた。 東京のラッシュを避けるために早起きして、朝一の品川始発(6:00)の「のぞみ99号」に乗り込む。京都には8:03に着く。京都では通勤通学の時間帯だったけど、東京のラッシュでの難儀ほどでもなく助かった。 久々に新幹線から富士山がバッチリ見えた。幸先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の乗り放題パス旅(3) - 秋田→奥羽線→福島→東京

秋田から帰るだけの3日目。 6:00 前の新庄行きの 2428M で奥羽線を上る。 大曲まではE6系の走る秋田新幹線と在来線が走る区間を行く。大曲に着く前に「こまち6号」が、横を駆け抜けて行った。 新庄では、銀色の「つばさ」がとまってた。そろそろ、ぜんぶが新塗装に置き換わるらしいので、とりあえず撮っておいた。ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の乗り放題パスの旅(2) 八戸→木古内→奥津軽いまべつ→青森→秋田

秋の乗り放題パスの旅 2日目は、北海道へ行ってとんぼ返りの予定。 まずは、秋の乗り放題パスからはみ出して、八戸から木古内まで「はやて93号」(93B)に。乗車券+指定券を通常で買うと高いので、トクだ値で調達した。 「はやて93号」(93B)の青函トンネルの通過時間。 新青森 757{13} 奥津軽いまべつ 8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more